暑くてムシムシした日が続く梅雨。気温や湿度が高いために、不快に感じたり体調をくずしたり……という人も多いはずです。また、美肌を保ちにくくなって、肌トラブルが頻発する人も少なくないようです。今回は梅雨の時期に悩まされる代表的な5つの肌トラブルについて、その原因と解決策を紹介しましょう。

ベタつき・テカリ

傘

高温多湿の梅雨は肌に悪影響なことがあります

雨の降る日が多ければ、当然、湿度も高い状態が続きます。美肌にとって理想の湿度は50~60%くらいと言われていますが、雨の日はそれ以上です。

湿度が高いということは、肌から汗が蒸発しにくく、肌表面に留まりやすいということ。過剰に分泌された皮脂とともに肌をベタつかせ、テカらせ、メイクをくずしてしまうのです。とくに額や鼻といったTゾーンと呼ばれる部分は皮脂分泌が多く、この部分だけテカる人も少なくありません。

解決策としては、過剰な汗や皮脂を抑えるためのケアがおすすめ。とはいえ、スキンケアで汗にブレーキをかけるのは難しいので、皮脂ブロックに的をしぼりましょう。手軽にできて効果が高いのは、毛穴に詰まった皮脂の徹底的なお掃除。毛穴の中の皮脂を限りなくゼロの状態にしておけば、肌表面に出てくるまで時間をかせぐことができます。朝のスキンケア時、酵素系洗顔料、ディープクレンジング、ピールオフパックなどを味方につけましょう。また、週に1~2回、毛穴掃除用の美顔器の力を借りるのも賢い方法です。

毛穴トラブル

毛穴の悩みといえば、開き、ポツポツ、黒ずみ、涙型のどれかではないでしょうか。皮脂分泌が過剰になれば大きく開き、毛穴の出口が小さくて皮脂が詰まると白くポツポツ目立ってしまいます。

さらに、皮脂が空気に触れて酸化すると黒っぽくなったり、メラニンや影によって黒ずみとして認識されることも。また、紫外線などの影響で肌がたるむと、毛穴が涙型になって気になる人もいるようです。

開き、ポツポツ、黒ずみは主に皮脂分泌が過剰な鼻などに多く見られ、これもまた毛穴の中の皮脂をできるだけ取り除くことが効果的。また、収れん化粧水などで毛穴そのものをキュッと引き締めるのも得策です。

さらに、美白コスメで毛穴の黒ずみが解消される可能性があります。というのも、毛穴の汚れだと思っていたら、実は毛穴付近に集中したメラニンだったという場合も珍しくないからです。涙型の毛穴には、リフトアップ効果のある美容液を使い、毛穴まわりの肌をピンッと復活させましょう。