プチ断食の正しいやり方とは?

断食は、「絶食するダイエット」というイメージが強いですが、プチ断食は何も食べないわけではありません。食べ過ぎ、飲み過ぎなど、状況に合わせて、断食の方法を変えれば脂肪の蓄積を抑えられます。プチ断食の正しいやり方で、食べても太らない体を手に入れましょう!

活動量が少ない日は夜だけ断食

断食undefinedダイエット,断食undefinedAllAbout,AllAbout ダイエット,AllAbout 阿部エリナ

夜だけプチ断食ならとっても手軽!

どこにも出かけない週末や、雨で外出できない日、いつもは営業で外を周るけれどたまに1日中デスクワークだったり。そんな日は、いつもと比べて明らかに活動量が少ない=消費カロリーが少なくなります。

そのような日にいつも通りの食事をすると、もちろんカロリー収支は大きくプラスに偏ってしまいます。特に歩数計で毎日計測していると、その差がはっきりとわかります。活動量が少ない日は必要とするエネルギー量もいつもより少ないので、食べたものが体脂肪に変わりやすい夜に断食するのがおすすめです。

 

その日に食べた朝食と昼食の分を消費できていないところで夕食までたっぷり食べてしまったら、体脂肪蓄積まっしぐらです。1日2食で夕食を抜くか、1日3食食べるけれど夕方18時以降は飲み物以外何も口にしない。どちらかを実践することで、夜に活発になる脂肪蓄積を抑えられます。


食べ過ぎた翌日は、1日主食を断食

食べ放題やビュッフェに出かけて予定外に食べ過ぎてしまったときは、翌日1日かけてリセットしましょう。食べ過ぎても、翌日でしっかりリセットできれば脂肪の蓄積を抑えれるので、食べ過ぎたからと言って諦めるのはもったいないことです。翌日は主食とお菓子を抜いて、他のおかずだけで食事を取りましょう。
(以前の記事で、暴飲暴食をなかった事にする裏技、を書いておりますのでぜひこちらも参考にしてください。)

肉料理などのたんぱく質、野菜料理、スープなどの汁物は食べても良いので、1日だけ主食を抜く程度ならストレスにもならないでしょう。主食を3食抜くだけでも、普段の食事より700~800kcal少なくなります。毎日適切量を食べている人なら1日に摂取するカロリーの半分近くを抑えることになるので、かなりのカロリーカットとなります。

さらに、体内の糖質が枯渇することで体脂肪が積極的に燃焼されるので、前日のリセット+積極的な脂肪燃焼を期待できます。

≫飲みすぎた翌日はどうすれば良いの?