内転筋を目覚めさせて美脚美人に!

バランスボール

内転筋

脚を内側に閉じる時に使われる筋肉で、骨盤を正しい位置に保つ役割もある「内転筋」。

プルプルが気になる、太ももの内側の筋肉です。椅子に座った時などに、ついうっかり足が開いてしまった……という現象が起きるのは、内転筋が衰えている証拠。普段の生活では、他の筋肉に比べあまり使われることがないので、意識して動かしてあげないと、内ももに脂肪が付きやすくなってしまいます。

みなさんは、この「内転筋」が眠ったままになっていませんか? キレイへの近道は、意識すること、筋肉を目覚めさせることです。バランスボールを使って簡単にできる、内転筋トレーニングをご紹介します。

バランスボールでカンタン内転筋(内もも)のトレーニング


バランスボール

仰向けになり、両脚でボールを挟む

1.仰向けになり、バランスボールを両脚で挟んで持ち上げます。

 

バランスボール

膝はしっかりと90°に

2. 膝はしっかりと90°に曲げます。

 

バランスボール

息を吐きながら、両脚をゆっくりと伸ばしていく

3. ゆっくりと息を吐きながら、バランスボールを挟んだ脚を真っ直ぐ伸ばしていきます。

 

バランスボール

戻す時もゆっくりがポイントです

4. 戻す時もゆっくりと、膝が90°になるまで戻します。

 

この脚の曲げ伸ばしを、息を止めずにゆっくりと繰り返します。
これを20回×2~3セット

内ももだけを意識すると、より効果がUPします。内転筋を鍛えると、O脚の改善にも繋がりますよ。内転筋を鍛えて美脚美人にボディメイキングを!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。