睡眠中でも簡単にできるマスク美容法

 

 

夏はクーラー、冬は暖房でお肌は1年中乾燥している状態です。特に、寒い冬は、エアコンや、足元ヒーターなどダブルで温めるので、乾燥ケアにかなり気を使わないと、すぐ肌がカラカラの状態になってしまいます。

以前風邪を引いた時に、喉がヒリヒリ痛かったので濡れたシートをはさむ「濡れマスク」をして寝たのですが、その時感じたのが喉の痛みも無くなったのですが、マスクで覆われた部分の肌が朝しっとりと潤っていたこと。

そこで、乾燥が気になる時は睡眠中でも簡単にできる「マスク美容法」行っています。

塗って、付けるだけの簡単な方法

お風呂に入って十分身体を温め、化粧水、美容液、クリームなどでスキンケアをしたら、マスクを付けて寝る……だけです。


睡眠中にしっとりモチモチ肌に大変身

睡眠中ずっとマスクの中で、自分の呼吸のスチーム効果があるので、翌朝マスクをはずすと、お肌がしっとりモチモチの状態になります。

マスクは柔らかい不織布素材の使い捨てを使用しています。

ポイントは、息苦しくないように立体型で、上下は目の下すぐからあごまで、左右は頬をカバーして耳の側まで覆ってくれるほど大きめのサイズで、フィット感のある物を選ぶこと。

そのほうがおでこを除く、顔全体がしっとりとします。

マスクを付ける寸前に、化粧水はハンドプッシュで、何度も丁寧に肌に吸い込ませて下さい。

目元には美容液を重ね付け、唇にはリップクリーム、頬には保湿用のクリームをたっぷり塗って下さい。

アロマオイルを垂らして癒し効果も

寝ている間のスチーム効果で、朝びっくりするくらい肌も唇もしっとりしますよ!毎日続けると、乾燥肌が驚くほど改善されます。

私は気にならないのですが、もし、マスクをして寝るのは苦しく感じる…という場合は、ほんの1~2滴ほどアロマオイルをマスクに垂らすのもおすすめ。

友人にマスク美容を勧めたのですが、マスクが苦手なので、ラベンダーやオレンジ・スイート、ベルガモットなどを気分によって使い分けているとのこと。香りで癒されてマスクが気にならなくなった!と言ってました。

また、もう一人の友人は、ローズウォーターをマスクにスプレーして使っているそうです。

もしマスクを窮屈に感じるようでしたら、こんな方法も試してみて下さいね。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。