現代人の多くが抱える“プチ不調”。その原因を多くの人は、「疲れが溜まっているのかな?」とか「歳のせいかも」などと主観だけで片付けてしまいがち。実際に病院に行っても特定するのが難しかったり、精神的な疾患と判断されることも多いようです。

今回は、そんな検査などでは出にくい身体のプチ不調まで、数値で知ることができると評判の、『分子整合栄養学検査』について探ってみました。
6

自分に必要な成分を分析!



サプリ外来が受けられるクリニック

今回は、表参道駅すぐ、東京都渋谷区にある『松倉クリニック』で、分子整合栄養学検査を体験させて頂きました。
2

ドクターズコスメの取扱もある、落ち着いた空間。


立地の良さに加え、爽やかで居心地の良い空間も人気のクリニック。こちらでは検査後、2週間後の来院時に受けられる、松倉先生による丁寧な診断結果のフィードバックが好評です。

オープンなエントランスに、螺旋階段を上ると、診察室という造りになっています。ドクターズコスメがずらりと並んだコーナーは、まるでデパートの化粧品フロアのよう。クリニックという堅苦しいイメージが無いのも、通いやすいポイントです!


早速体験!

1

初回は採血・採尿・アンケート記入のみ。

『分子整合栄養学』の診察では、血液と尿を採取します。それにより、タンパク質、ビタミン、ミネラルの過不足や、糖脂質代謝が明らかになるというもの。自分自身に不足している栄養素を補うことで、身体のバランスが整い、病気や肌トラブルの原因を未然に防ぐことができます。

初回の検査は、『検査の8時間前までに食事を済ませておくこと』を守った上で来院、血液検査・尿検査に挑みます。

自己申告のアンケート記入を済ませ、看護婦さんと楽しく談話しているうちに、採血もあっという間に終了。初回はわずか30~40分という短時間です。


2週間後の検査結果

7

完全個室なのも嬉しい。

初回の検査から約2週間後に再度来院。松倉先生から直々に、診断結果をもとにしたアドバイスを受けることができます。

その診断結果からは、日頃の生活習慣、食生活、精神面、プチ不調の原因、肌荒れの傾向など、細かい自分自身のコンディションが明らかに! ちょっと怖いような気もしますが、病気の前兆などもわかるので、予防の意味でも受けてみて損はない診断と言えそうです。