お味噌汁感覚で! トムヤムクンの作り方

所要時間:15分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋スープ

 

お味噌汁感覚で作る! 世界三大スープのトムヤムクン

タイ語で、トムヤムクンの「トム」は煮る、「ヤム」は和える、「クン」はエビという意味。このトムヤムスープには、濁り汁タイプと、すまし汁タイプがあります。

今回ご紹介するのは、日本でよく知られている濁り汁タイプ。具はエビを使いましたが、鶏肉、白身魚、シーフードミックスなど、どんなものでもOK。タイでは具材のアレンジもいろいろ、お味噌汁感覚の気軽さで食べられています。

トムヤムクンの材料(2~3人分

トムヤムクンの材料
えび 大きさにより5~10匹
きのこ マッシュルーム5個、またはエリンギ1本など
レモングラス 1本(乾燥のものならひとつかみ)
バイマックルー こぶみかんの葉、2~3枚
生姜 2~3枚
唐辛子 1本
パクチー 適量(根も使う)
ナンプラー 大さじ1
加糖練乳 大さじ1
レモン汁 大さじ3
チリインオイル 大さじ1
代用できる食材、省略可能な食材などは、作り方・手順で解説します。

トムヤムクンの作り方・手順

トムヤムクンの作り方

1:材料を揃える

材料を揃える
パクチーの葉(飾り用)はザク切り、根は叩いてつぶす。

2:鍋で湯を沸かし、ハーブを加える

鍋で湯を沸かし、ハーブを加える
鍋に水1.5カップを入れ、生姜のスライス、つぶした唐辛子、パクチーの根、レモングラス、こぶみかんの葉を加えて火を付ける。
唐辛子は鷹の爪や粉末唐辛子で代用してもOK。生姜は、タイハーブ「カー(なんきょう)」の代用として使っています。カーは、生のレモングラス、バイマクルーとセットになってタイ食材店で売られていることも多いです。乾燥のものはどれも、カルディなどの輸入食材店で入手可能。

3:チリインオイルを加える

チリインオイルを加える
ナンプラー、チリインオイル、練乳を加えます。
練乳は、タイで調理用によく使われるコーヒーミルクの代用として使っています。牛乳やココナッツミルクを加えても良いでしょう。

4:えびを加える

えびを加える
えび、きのこ(今回はマッシュルームを使用)加える。えびに火が通ったら、レモン汁を加え、ひと煮立ちして完成。器に盛り、パクチーを飾る。
マッシュルームはフクロダケの代用として、レモン汁はライム汁の代用として使っています。

ガイドのワンポイントアドバイス

「トムヤムクンの素」を使わなくても、簡単に作れるトムヤムクン。生のタイハーブは冷凍保存、乾燥ハーブも長期保存が可能なので、ぜひ作っていただきたいところです。でも、ここだけの話、「チリインオイル」「ナンプラー」「生姜」「レモン汁」だけでも、それっぽい味になるので、ハーブを揃えるのは敷居が高いと感じる人は、まずはハーブ抜きで作ってみて下さい。料理に慣れてきたら、生ハーブを加えて本格派にチャレンジ! 「チリインオイル」はカルディなどの輸入食材店で購入可。トムヤムスープだけでなく、炒め物などにも使える万能調味料です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。