簡単に温まられる日本酒風呂

 

 

昔から、日本酒はお風呂に入れると、身体を温める効果があると言われていましたが、美肌効果もあります。

以前、女優の藤原紀香さんが、「冷え」は女優の大敵!とのことで、ご自身のエッセイで、日本酒風呂に入っていると紹介していました。

つい最近も、美容雑誌の「VOCE」主催のベスト・ビューティー・オブ・ザ・イヤーを受賞した長澤まさみさんが、日本酒風呂で身体を温めていると語っていました。

日本酒風呂は簡単ですごく温まるので、特に冬場は毎日入っています。

コップ3杯の日本酒でOK

ぬるめのお湯(37~38度)に、日本酒をコップに3杯ほど入れてかき混ぜるだけ。高い日本酒ではなくても、安くて量の多い日本酒でOKです。

暖める以外の日本酒の効能

日本酒は身体を芯から温めるだけではなく、「こうじ酸」の働きで、細胞を活性化しするので、アンチエイジングや保湿効果、メラニンの生成を抑制して、シミやクスミを解消する効果も期待できるのです。

日本酒に含まれているアデノシンという物質は、疲労やストレスで収縮した血管を元に戻す作用もあるので、「凝り」も解消してくれます。

さらにそこに「柚子」をプラスすると、より温め効果も美容効果もアップ!

柚子を半分に切ってそのまま浮かべたり、種が気になるようならガーゼなどで包んでいれたり…。
柚子を半分料理に使って、半分をお風呂に使うのもお勧めです。

ダブルの温め効果と美肌効果

柚子には、血行促進、保温、神経痛の緩和、新陳代謝の促進など色々な効果があります。

「柚子+日本酒風呂」はダブルの温め効果で身体も温まるし、健康も美肌効果もあり、さらに柚子独特の香りで、精神的にも癒される…という、まさに一石三鳥の効果!

刺激に弱い敏感肌の人は、日本酒や柚子の分量を少なめにして、試してみて下さい。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。