企業むけにノベルティグッズを販売している会社ですが、営業プロセスの見える化商談管理によって目標とする売上に近づけることができました。社長は次の課題として在庫を減らし利益率を改善したいと考えています。

商品回転率を高め、在庫を減らす

アドバイザー:「在庫を減らし、利益率をアップするには商品回転率を高めることが重要です。商品回転率を使い1年間で手持ち在庫の何倍の売上ができたかを測ります。例えば1年間の商品回転率が4回転なら、商品が3ケ月ごとに入れ替わったことになります。」

社長:「なるほど。計算はどう行えばよいですか。」

アドバイザー:「決算書の貸借対照表と損益計算書から計算します。期首と期末在庫を足して2で割り平均値を出します。」
期首在庫高、期末在庫高から平均を出す

期首在庫高、期末在庫高から平均を出す


アドバイザー:「例えば期首在庫高が900万円、期末在庫高が1,100万円なら、平均商品在庫高は1000万円。前期の在庫が900万円残っているところに1年間で何回か仕入れをし、1年間を締めてみたら在庫が1100万円残っていたことになります。」

社長:「なるほど。年間売上高が5000万円なら5000万円÷1000万円で5回転と計算するわけですね。」
在庫が5回転することで年間売上高をつくる

在庫が5回転することで年間売上高をつくる

アドバイザー:「そうです。この場合、何か月で商品が入れ替わったことになりますか。」

社長:「12ケ月を5回転で割りますので、2.4ケ月で商品が入れ替わるですかね。」

アドバイザー:「その通りです。商品回転率を上げることで効率的に経営できますが、反対に注意点もあります。」

商品回転率があがった時のメリット

社長:「商品回転率が上がればよいことばかりではないんですか?」

アドバイザー:「なにごともバランスが大切なので、メリットばかりとは限りません。まず商品回転率が上がった時のメリットをみてみましょう。」

【商品回転率があがった時のメリット】
・商品の保管費用や保険代などを削らすことができる
・商品が売れるまでの期間が短いので、商品の市場価値(陳腐化)低下の影響を減らすことができる
・商品を在庫にともなう減耗が小さくなる 減耗とは台帳上の理論在庫と実際の在庫との差
・商品の鮮度がよくなるので顧客からの返品が少なくなる
・手持ち在庫が少なくなるので商品管理がやりやすい

社長:「商品回転率が上がることで効率的になるわけですね、これで注意点があるんですか。」