劇作家イプセンが夫人と一緒に座っていた
お気に入りの2階の部屋の角

エンゲブレット

現在はイスは置かれていないが、奥の窓際にイプセンと夫人はよく仲良く座っていたそう

階段を上って2階にいくと、大きな部屋が広がっています。

部屋の片隅、上の写真の一番奥の窓際が、劇作家ヘンリック・イプセンと夫人が好んで座っていたスペース。今はテーブルやイスは置かれていませんが、「イプセンのお気に入りの場所」として今でもレストランでは語り継がれています。

エンゲブレット

現在も多くの政治家、ビジネスマン、芸能人などが社交の場として利用している人気レストラン。団体予約は必須!

エンゲブレット

1階のムンクお気に入りの部屋には、音楽家グリーグが演奏するピアノをイプセンが聴いている当時の様子を描いた絵画が飾られている

最後のページでは、美味しいノルウェー料理メニューをご紹介します!