アウトレット・ショッピングをめいっぱい楽しむための3ヶ条

掘り出し物

「欲しいものが見つかる」ではなく「何に出会えるかわからない」ワクワク感こそが、アウトレットショップを訪ねる醍醐味。思わぬ掘り出し物との一期一会を楽しもう

フィンランドには、すでに日本でも大ブームを巻き起こしている王道デザインブランドはもちろん、さまざまな分野で国内外から注目されているブランドやメーカー企業がたくさんあります。

そうした多くのフィンランド発ブランドは、お膝元のフィンランド国内に工場直営のアウトレットショップを持っています。そこでは、見た目にはわからないほどのわずかな欠陥のあるB級品だけでなく、今や正規店では見かけなくなった希少シリーズや廃盤品などが、目を丸くするほどの破格で売られていたりもするのです!

ヘルシンキ市街からアクセスしやすい、とっておきのアウトレットショップを一挙紹介してゆく前に、まずは心に留めておくだけでアウトレットめぐりが何倍も楽しくなる「心構え3ヶ条」をお伝えしたいと思います。

欲しかったものではなく、欲しくなるものを見つけに行く場所

おわん

お店の中で、思いがけず素敵なものに出会えたときの喜びは大きいもの。値段を見てさらに喜びもひとしお!

よくアウトレットを訪れる前に、ブランドの商品カタログを隅々までチェックして「これが欲しい、あれも買おう」と目星をつけてから参戦し、結果的にあれもなかった、これもなかった……とむしろがっかりして帰っていかれる方がいます。これはとても残念な話。

ダウン

雑然とした店内では、お買い得品を見逃さないよう常に目を光らせて!

なぜなら、アウトレットショップはあくまで「思いがけない掘り出し物」との出会いの場所。いつでもお目当ての商品が残っているとは限りませんし、逆に思いもよらなかった珍品に出会えることだってあるのです。どうせなら頭をからっぽにしたまま赴いて、現場で審美眼を光らせるほうが、素敵なものに出会えた時の喜びや感激も大きいはず!

ちなみに、正規店で現行販売中の商品もアウトレットでは安く買えると思い込んでいる方もおられますが、基本的に現行品の価格は正規店でもアウトレットでも同じ。安売りが始まるのは、販売シーズンを過ぎてからが通常です。

一期一会を大切に!

ネックレス

直感に訴えてくる商品に出会ったら、迷いなく買うのもアウトレットでの極意

アウトレットショップはいわば、たたき売りの場。お店側が在庫としてとっておいてもしょうがないものをどんどん売り尽くしているのですから、陳列棚がからっぽになれば、その商品はそこで終わり。次にいつ同じ物が手に入るかは誰もわかりません。

だからこそ、ビビッときた商品との一期一会は大切に。人気のセール品は日々飛ぶように売れていくので、1日考えてから……と翌日に立ち寄ったときには完売していた、なんてことは当たり前に起こります。懐と相談しつつ、即決力を大事にして買い物を楽しんでくださいね!

安いワケを見極められたら、より賢く買い物できる

値札

それぞれ値札には、販売価格だけでなく元の値段や安さのワケがしっかり書かれていることが多い

安いものには赤札やポップが立っているので、これがお買い得品なんだなということは売り場で理解できると思います。けれどよりお得に、納得いくものを賢くゲットしたいなら、各商品に貼られた値札表示の解読は必須。多くの場合、セール品に対しては販売価格だけでなく元の価格や商品の等級など、安さのワケやお値打ち度が示されています。

ただしこうした情報は、親切ならば英語併記が、通常はフィンランド語のみで記されている場合がほとんど。売り場で見かけるショッピング用語については、街で見かけるフィンランド語ページに一覧を載せてありますので、ぜひ参考にしてください。


■フィンランド発ブランドの、ヘルシンキ近郊アウトレット情報一覧はこちら!

(1)不朽のガラスブランド、イッタラ(iittala)のアウトレット店

(2)温もりの日用雑貨、ペンティック(Pentik)のアウトレット店

(3)ジュエリーの定番、カレヴァラ・コル(Kalevala Koru)のアウトレット店

(4)木製アクセサリー&雑貨、アーリッカ(Aarikka)のアウトレット店

(5)自然が主役のコスメブランド、ルメネ(Lumene)のアウトレット店

(6)スポーツウェアブランド、ハルティ(Halti)のアウトレット店

(7)色鮮やかなテキスタイル、マリメッコ(Marimekko)のアウトレット店

※上記データは記事公開時点のものです。




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。