背中美人になるストレッチ

このストレッチでは、主に肩甲骨周辺の僧帽筋をストレッチし、背中の疲れを解消します。このストレッチのポイントは、お腹の腹筋を(丸めるように)使い、腰から背中、首の後ろまでをグーッと後ろに押し出し、背骨、頸椎を伸ばすように意識することです。是非、大げさなくらいお腹を丸め、背中を縦、横に伸ばして褐色脂肪細胞を活性化させて下さい。


動作1

動作1

1.両手を胸の前で組みます。


 
動作2

動作2

2.ゆっくりと息を吐きながら、組んだ手を少しづつ前に伸ばします。


 
動作3

動作3

3.腕を前に伸ばしきったら、目線はお臍に向け、じわじわと背中を伸ばしましょう。また、肩と耳は遠く離し、肩甲骨から手のひらが遠く離れるように、腕は伸ばしましょう。そのまま10呼吸繰り返し、元の位置に戻りましょう。

 
次のページは二の腕編です!