自分にあった空気は自分でつくる!

シャープ株式会社 プラズマクラスターチャームIB-CH12

シャープ株式会社 プラズマクラスターチャームIB-CH12

乾燥が気になる季節ですね。ポケットやバックにハンドクリームやリップクリームを欠かさなくとも、どことなくカサカサお肌を感じずにはいられない時期です。とはいえ、オフィスなどで自分の都合に合わせて管理しにくいのが空調なのでは。男女で心地よい温度は違い、エアコンからデスクまでの距離も人によって違い、さらに同じ温度設定でも暑い人あれば寒い人あり。そんな個々に違う状況の中で、重要なのが乾燥対策の必需品「加湿器」ではないでしょうか。

最近では、家庭用加湿器とは別に、オフィスなどで個々に使う加湿器のパーソナル化が進んでおり、様々なコンパクト機種を目にします。美容に気を使う女性なら、乾燥対策に「自分にあった空気は工夫して自分でつくる」時代ですね。巷ではお肌の保湿ができる空気を持ち運びするチャームまででているのだとか!

という訳で、今回はシャープ「プラズマクラスターチャームIB-CH12」のレビューをお届けします。通勤中もつけられる自分だけの特別な空気。新たな24時間美容アイテムの登場に高まる期待!


まずはアイテム確認

化粧水ボトルと見間違えそう!オシャレな充電スタンド

化粧水ボトルと見間違えそう!オシャレな充電スタンド

早速、箱に入った商品アイテムを確認すると、中からは、クリップがついたマッチ箱型の本体と化粧水ボトルを思わせるシルエットの筒型充電スタンド、そしてACアダプター、USBケーブル、ユニット掃除ブラシが顔を出しました。中でも、充電スタンドは目を引くオシャレさ。本体よりもじっと見てしまう程でした。


どんな働きをしてくれるの?

これは何をしてくれる商品かというと、本体より出てくる10万個/ 1立方cmの高濃度プラズマクラスターイオンが、乾燥しがちな目元や顔まわりをうるおいで包んでくれるというもの。保湿ケアができ、お肌にツヤ・ハリを与え、キメを整える美肌効果が望めるとか。ガイドは目元については即効性は感じなかったものの、翌日のメイクのりの良さからお肌のキメが細かくなったのを実感しました。

プラズマクラスターを含む空気が出る本体上部の吹出口

プラズマクラスターを含む空気が出る本体上部の吹出口

「プラズマクラスター」といえば、シャープを代表するキーワードですよね。ガイドはこれまで「プラズマクラスタードライヤーIB-HD92」を使って以来、その品質に良いイメージを持っています。スチームとは違うので、決して目に見える物質ではありませんが、吹出口から出るプラズマクラスターを含む空気は特有の清涼感があります。


商品の大きさや「チャーム」について

手のひらサイズの超小型・軽量な本体

手のひらサイズの超小型・軽量な本体

本体は、超小型・軽量サイズなので、お出かけ先使いにぴったり。本体サイズは38(幅)×60(高さ)×11.5(奥行)mm(クリップ含まず)で、重量は約30gです。色は2種類、シルバー調とブラック調で、ブラックは特に外出先でも目立たず使えるのでは。

そもそも「チャーム」とは、お守りや魔除けを意味するもの。現代では、ブレスレッドのチェーン部分にパーツ付けしたり、ペンダントトップとして用いられたりしています。「プラズマクラスターチャームIB-CH12」は、まさに普段からアクセサリーやお守りのように身に着けていられるのですね。


お出かけ先で使うなら

頑丈なクリップは「クリップ方式」「ストラップ方式」両方で活躍

頑丈なクリップは「クリップ方式」「ストラップ方式」両方で活躍

外出先で身に付ける方法は2つ。洋服の首もとにクリップで挟み付ける方法とストラップに付ける方法です。






 
胸元にクリップでとめた様子

胸元にクリップでとめた様子

まずは「クリップ方式」で。本体裏側のクリップで洋服の首もとにとめます。顔と商品の位置が近いので、吹出口からの空気がダイレクトにあご下に当たります。運転モードは「標準」「弱」と2つあり、「標準」でもそこまで強くはない風の吹き出し方。空気がおでこまで届いているか気になりますが、首やあご下には常 に空気が当たっているので、意外にもデコルテケアに一役買ってくれそうです。

一方、「ストラップ方式」は、商品の位置が首もとから離れるため、クリップ方式に比べて顔全体に空気があたります。(ストラップのヒモの細さにもよりますが)くるくる商品がまわらないよう、いつもよりおしとやかに行動している自分がいたものの、クリップ方式に比べこちらの方が自然な見た目だと感じました。オフィスで働く方なら、社員証や会社用携帯のストラップにつけるのが良いのでは。

育児中につき、なかなか家で落ち着いて美容ケアの時間が取れない私は、外出先での時間を有効に使い、いつもより丁寧なお肌のお手入れができて、充実した気分になりました。