イオン導入ってどういうこと?

ビタミンCのイオン導入は機器により微弱電流を流し、ビタミンCをその電流にのせて肌の奥深くへ大量に届ける方法です。肌に塗るビタミンC誘導体の多くは、水溶性または水にも油にも溶ける両親媒性で、マイナス電極を帯びています。そこでマイナス電極を帯びたイオン導入器の先端を肌に当てると、ビタミンC誘導体と導入器のマイナス電極同士は反発し合います。その結果、強い反発力によってビタミンCはストンと肌の奥へ浸透するわけです。

イオン導入の場合、肌につけただけの場合より数十倍もの浸透力があるといわれ、ニキビ・毛穴・シミ・色ムラ・くすみなど、ビタミンCが有効とされるトラブル全般に効果があります。


実はバラツキがあるイオン導入器のクオリティ

肌の仕上がりが違う?

肌の仕上がりが違う?

ここまでは一般論。問題は、イオン導入は使用する機器により肌への浸透性にかなりの差が出てしまうことです。たとえば美容皮膚科で行われている本格的なイオン導入治療を経験してみれば、よくわかります。今まで家庭で行っていた時と肌の仕上がりが全く違うのはなぜなのか?

家庭用イオン導入器は数多く販売されていますが、実はちゃんとイオン導入ができているか否か、その解答を知りたくてイオン導入機器の技術者に話を聞いたところ、問題はイオン導入器の導入電流の波形なのだそう。

ある機器は直流パルスという波形で成分の導入効果があまり高くない、また別の機器はマイナスパルスだけで肌内部がマイナス電極飽和となるため一定量以上の電流が流れなくなる、という説明を聞きました。

また肌表面が乾燥している状態だとビタミンC導入効果にバラツキが生じることも意外に知られていません。肌表面がどういう状態でも一定の効果が出せるように設計されているか否か?