そもそも加齢臭って?

あ

加齢臭の原因は中性脂肪やコレステロールの多い脂っぽい汗

40代を過ぎると若い頃には感じなかった独特の脂っぽいニオイが強くなります。これが「加齢臭」で、その原因は「ノネナール」という物質。30代までの人にはほとんど検出されない、言ってみれば「中高年特有の体臭」なのです。

ニオイのもとになるのは「皮脂と皮脂の酸化」。若い頃と同じように脂っこい食事を食べて、運動不足が続くと、使い切れない中性脂肪やコレステロールが、汗と一緒に毛穴から分泌されます。それを放置したままにすると酸化して皮膚からイヤな臭いが発生するのが加齢臭です。

女性ホルモンが少なくなるのも原因

加齢臭は男性だけの悩みと考えていませんか? 実は女性も加齢臭が分泌されます。ただし、女性は女性ホルモンに体のニオイを抑える働きがあるので、50歳前後で閉経を迎えるまでは、あまり気になりませんが、女性ホルモンが激減したら、加齢臭に十分注意しなければなりません。

皮膚のバクテリアが生み出すニオイ物質

あ

脂っぽい汗が酸化してさらにニオイを放出!

適度な皮脂は皮膚を保護するバリアとして働いてくれますが、過剰に分泌されて、空気に触れて酸化すると、皮膚の表面にいるバクテリアなどの「常在菌」がエサにして分解しはじめます。するとニオイのもとになる「ノネナール」が発生します。年齢を重ねると、肌のターンオーバーも遅くなり、古い角質が残って常在菌が増え、そこに中年太りで脂っこい汗をかくと、ニオイの原因物質がどんどん増えてしまうのです。


水分補給と便秘解消、肉を控えめに~加齢臭予防1

あ

水分補給と便秘解消、肉を控えめにして加齢臭を撃退

加齢臭の対策法は、脂っこい食事やカロリーオーバー、そして便秘などにも注意して、食物繊維が豊富で抗酸化作用の強いビタミンC、ベータカロテン、ポリフェノールなどが豊富な野菜や果物、海藻、豆類を摂ることです。汗をかかないようにと、水を飲まないのは、老廃物を体に貯めこんでしまい、汗が濃くなって、逆にニオイを悪化させます。こまめに水分補給をして、食べたものを溜め込まない体の代謝システムを維持しましょう。

下着の寿命は短く、服装で体温調節~加齢臭予防2

あ

下着と歯ブラシは寿命を短く使おう

洗濯をしても直に肌に触れる下着の臭いや黄ばみは、なかなか落ちないものです。思い切って下着はどんどん新しいものに切り替えていくようにしましょう。抗菌や消臭効果のある下着も長期間使っていると効果は落ちてしまいます。

最近はクールビズもウォームビズも定着したので、服装もかなり自由になりました。無駄な汗をかかないように、部屋の外と中の温度がかなり違う場合は、服の脱ぎ着をこまめに行い、暑い部屋で我慢して上着を着続けたりしないようにしましょう。女性はマフラーやスカーフで上手に体温を調節しましょう。

こまめに汗を拭き、リラックス~加齢臭予防3

あ

汗を拭いてから香水や消臭スプレーを使おう

汗をかくのはしかたがないことですが、そのまま放置すると、汗の成分が酸化して体臭のもとになります。ハンカチやウエットティッシュで、こまめに汗を拭くようにしましょう。汗を拭くことで体温も下がり、気持ちもリラックスして、緊張感が取れ、加齢臭の強い汗をかく量も減るはずです。

そのとき皮膚をゴシゴシと拭くと肌荒れの原因になるので、汗を吸収させるようにガーゼ素材のハンカチなど吸水性に優れ、肌への刺激の少ないものを押し当てるといいでしょう。汗をかいたままの肌に香水や制汗剤をつけると、ニオイが混ざって不快な香りになることもあります。いい香りを身にまとうときは、汗を拭いた清潔な肌に使用しましょう。