インナーマッスルを鍛えられるバランスボール

バランスボールは使い方によってさまざまなエクササイズができる万能なグッズです。
このバランスボールでのエクササイズは、体の内側の筋肉を使用するので、基礎代謝を上げることができます。
今回は、たくさんある筋肉のうち、背筋を鍛える方法をご紹介します。
背筋にはたくさんのインナーマッスルが集まっている場所なので、ダイエットにとても効果的だと言われています。

■背筋トレーニング

  1. バランスボールの上にうつ伏せに寝ます。
  2. そのまま両手を頭の後ろに組んで、上体をそらせる運動をします。
  3. バランスをとるのがむずかしい場合には、壁に足をつけたままこの上体そらしを行います。

床でやる普通の上体そらしに加え、グラグラするのを安定させようとする力で、かなり内側の筋肉が鍛えられます。

バランスをとろうとする力と、上体そらしの力が必要なので、ダブルの効果で効率的に筋肉を鍛えることができます。

ただ、バランスを取りながらの上体そらしは、少々慣れが必要です。

基礎代謝が上げて、日常的に痩せやすい体に

背中の筋肉を鍛えると、基礎代謝が上がりやすいと言われています。
基礎代謝が上がれば、日常的に痩せやすい体になることができます。
自分のなりたいスタイルをイメージしながら、それに向かってバランスをキープしてください!

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。