ティム・ウェンデルボー
世界バリスタ王者が経営するカフェ

Tim Wendelboe

コーヒー好きなら絶対に訪れておきたい、有名なティム・ウェンデルボー経営のカフェ Photo:Asaki Abumi

ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ2004年度の優勝者であるティム・ウェンデルボー氏が経営するマイクロロースタリーです。狭い店内は立ち飲み専用の空間で、飲んでからすぐに立ち去るお客さんが多め。店内には焙煎機やトレーニングルームがあり、豆や関連器具が販売されています。

エアロプレスで抽出され、豆の種類はお客さんが選ぶことができます。

詳しくは、別記事「北欧珈琲の聖地!一生の思い出になるティムの一杯を」

ソルベルグ&ハンセン
国内最大の高品質コーヒー業者による唯一のカフェ

ソルベルグ&ハンセン/Solberg&Hansen

ミルクなしのブラックコーヒーのみを提供 Photo:Asaki Abumi

ソルベルグ&ハンセンは、多くのお店に異なるレシピで豆を卸しています。デザイン性の高いコーヒー袋のイラストも特徴的。屋内型食市場マートハーレン内にある唯一のコンセプトストアでは、一般客がスタッフと初めて触れ合える交流の場となっています。

なんとこちらでは、豆の本来の味を味わってもらうために、ミルクや砂糖を用意していません。ミルクがないことに驚くお客さんも多いそうです。

詳しくは、別記事「S&H?これ抜きにノルウェーのコーヒーは語れない!」

シュプリーム・ローストワークス

Supreme RoastWorks

店内はシンプルな北欧インテリア Photo:Asaki Abumi

3人のノルウェー人が経営するシュプリーム・ローストワークスは、これまで焙煎のみをしていましたが、2013年よりカフェを開始。愛好家の溜まり場となっています。個性的な味は、一度飲んだら癖になってしかうかも!? グリーネルロッカ地区で買い物を楽しむ途中で、ぜひ立ち寄りたいカフェです。

詳しくは別記事「ノルウェーコーヒーが大評判のオスロのカフェ」



ムンク美術館からすぐ!
新北欧料理も食べられる、贅沢カフェ

カフェNord

居心地のいいカフェとレストランが融合している、おしゃれ空間 Photo: Asaki Abumi

2015年にオープンしたばかりの「ノール」。駅から徒歩数秒、ムンク美術館から徒歩約5分。しかも、おいしいコーヒー、パンがあるカフェ空間に加え、夜間は新北欧料理が食べられるレストラン&バーになるということもあり、今後一押ししていきたいグルメスポットです! 無料Wi-Fiもあり、豆もお土産に買うことができる、旅行者に嬉しい環境。コーヒーは、「Nord」という店長経営の焙煎所がオスロ地元で焼いた豆です。

<DATA>
Norð & Natt Tøyen(ノール&ナット トイエン)
住所:Hagegata 22-24
エリア:別記事「トイエン」
TEL: +47 903 68 993
営業時間:月曜7:00~18:00、火・水曜~23:00、木・金曜~翌1:00、土曜9:00~翌2:00、日曜~18:00
レストランは火~土曜17:00よりオープン
アクセス:地下鉄トイエン駅から徒歩数秒