三つ子の魂百まで。就学前の育児・教育が重要

子供

就学前の過ごし方がその後の教育にとって重要

幼少期のお子さんがいらっしゃる保護者さまの関心ごとは、「どういった幼児教育を何歳から始めさせたらいいのか」ということではないでしょうか。格差が広がるばかりの社会で子供の将来を考えると、より良い環境で、質の高い教育の機会を与えてあげたいと思うのは、親の自然な気持ち。では、どうすれば「将来に役立つ能力」を育てることができるのでしょうか。

ノーベル経済学賞のヘックマン教授は、「3、4歳の時期に適切な教育を受けなかった子どもは、教育投資の効果が小さくなり、学習意欲を高めることは難しく、効果は限定的なものになる」と、科学雑誌『Science』で発表しました。「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、就学前の育児・教育が重要なポイントだと言えます。

就職内定率の低下や失業率の悪化など、子どもを取り巻く将来の不安が広がっており、これからの人材には、単なる学力ではなく、異なる価値観や文化をもつ人とのコミュニケーション力や、チームで活動する人間力、そして将来像を描いていま何をするかを考えて行動する力が求められています。

「文字の読み書き」よりも「コミュニケーション力」や「考える力」を

最近は、幼児教育が一般的になっており、多くのご家庭で幼児期に「文字の読み書き」に取り組まれているようです。しかし、幼児期における早期教育で代表的な「文字の読み書き」については否定的な研究者が多く、お茶の水女子大学の内田伸子教授(発達心理学)によれば、「3歳での『読み書き』能力は、親の所得や教育投資額が多いほど高かったものの、小学校入学前には『読み書き』能力の差は消滅した」とのことです。

幼児期に文字の読み書きができれば、親の満足度は高まるでしょうが、小学校1年生から読み書きを習い始めたとしても、誰もが普通に読み書きができるようになることを考えると、「文字の読み書き」の幼児教育の効果は限定的ですし、コミュニケーション力や「考える力」を育てることはできません。

せっかく、幼児教育に取り組むのであれば、教育の効果をその時点で判断するのではなく、将来における効果によって判断すべきです。


>> 幼少期に家庭でできることとは?