「いじめる子の気持ち」に無関心ではありませんか?

ijime10

いじめる子の思いが注目される機会は少ない

近年、度重なるいじめを苦にした自殺と、いじめに対する学校や教育委員会の対応への不信感が、大きな話題になっています。このコーナーでもたびたびいじめをテーマに取り上げてきましたが、改めていじめがなくならない理由について、いじめる側の心情を焦点に考えてみたいと思います。

いじめ問題が取り上げられる際、「いじめられる子」の傷に同情することが多いのに対し、「いじめる子」についてはマイナスのレッテルを貼る程度で、「なぜ人をいじめるのか」という背景についてまで、あまり深く考えていないことが多いようです。

人をいじめてしまうのは、その子が今、何か大きな問題を抱えているからだと思われます。この「いじめる子」側の気持ちに目を注がなければ、どんなにいじめを厳罰化したり、いじめをなくす運動を強化しても、いじめはなくならないでしょう。

いじめは自分の心を守るための「防衛」

ではなぜ、人は人をいじめてしまうのでしょう? それは、誰かをいじめることで、「何か」から少しでも楽になりたいと願うからだと思います。

人は心の状態がとても不安定になると、その危機的な心理から逃れるために無意識に心の安定を保つメカニズムを働かせます。これを「防衛機制」といいます。

防衛機制にはたくさんの種類があります。たとえば、宿題の前についゲームにふけってしまうのは、「逃避」という防衛機制です。下にきょうだいが生まれた途端に母親にベタベタ甘えるのは、「退行」という防衛機制です。失敗したことに都合のいい言い訳をするのは、「合理化」という防衛機制です。

こうした防衛機制を働かせることで、いっときでも、フラストレーションや葛藤、不安から楽になることができます。誰かを攻撃する「いじめ」にも、こうした防衛機制が関わっていると考えられます。では、いじめはどんな防衛機制に当たるのでしょう? 

いじめを理解するための2つのキーワード

ijime3

いじめにつながる心のメカニズムとは?

たとえば、「置き換え」という防衛機制が考えられます。これは、ある対象への感情を、他のものに向けることです。つまり、いじめる子がいじめられる子に向けている怒りは、本当は別の人に向けたい怒りだということです。怒りをその人に向けられないから、たやすく攻撃できる相手に置き換えて、八つ当たりをしているわけです。

また、「補償」という防衛機制も考えられます。これは、劣等感を他の優越感で補おうとする防衛機制です。誰かをいじめれば、優越感を得られます。本来はいじめではなく、他のことで優越感を得たいのに、それが無理だと感じているので、いじめによって優越感を補っているわけです。

こうした防衛機制は、誰の心にも無意識に生じるものです。そのため、「いじめ」とまではいえないような、小さな八つ当たりや自慢、ひやかしなどが、小さな子どもの間でもよく起こっています。

しかし、相手を深く傷つけ、ましては自殺に追い込むほど行動がエスカレートしてしまうのは、いじめる側に相当に強い怒りやわだかまりがあるのと同時に、その気持ちが見過ごされ、真剣なかかわりが得られないこと、また同じような鬱屈を抱えた仲間が集まり、集団極性化していく過程が見過ごされているという、環境の問題が大きいのではないかと思います。