冷静になって「いじめをなくすこと」がゴールだと決意する

もし子供がいじめられていたらどうする?

もし子供がいじめられていたらどうする?

まず、自分の子供がいじめにあっているとわかったときには親は冷静になりましょう。とても驚き感情的になってしまうことは理解できますが、感情的に行動してもいじめの解決にはつながりません。

いじめにあっている子供が望むことは、「いじめの状態がなくなる」ことです。

話を聞いてほしい、励ましてほしい、なぐさめてほしいということではなく「いじめがなくなること」だと知っていただき、決意していただきたいと思います。

「あなたを絶対に守る」と子供に伝える

そして、傷ついている子供に対して「お母さん(お父さん)は、あなたを絶対に守る」ということを伝えてあげてほしいのです。

親が守ってくれるという宣言は何物にも代えて安心感を子供に与えます。
この時点で、子供は「報復への恐怖」から「学校には言わないで」といってくることもあります。

しかし、「いじめがなくなる」まで子供は安心して学校に通うことはできませんので、「絶対に守る」と約束し、ともにいじめと戦う決意をしていただきたいと思います。

いじめを「見える化」=文書化する

次に具体的に、子供に
  • 「いつ」
  • 「どこで」
  • 「誰に」
    alt=""

    子供の話を具体的にまとめしょう

  • 「どんなふうに」いじめられたのか 
そしてその結果
  • 「どんな気持ちだったか」
  • 「どんなことがおこったか」(傷や物が壊れた等)
をできるだけ詳細に聞き取り、メモ書きでけっこうですから文書にしていただきたいのです。
もし、傷が残っていたら写真をとるとか、暴行の跡が残っていたら受診をして「診断書」などをいただいてください。

現代のいじめは、悪質で、真犯人がわかりにくい、そして密室で起きるのでわかりにくいという特徴があります。

いかにいじめの実態を「見える」化するかということが重要なポイントです。

つまり、誰が見ても「これはいじめである」「この状態は放置しておいてはいけない」という証拠をつくることが大事なのです。


また、文書にすることで学校とのやりとりがスムーズになります。


>> 学校への相談・交渉はどうする?