ほとんどの子供は、いじめられている事を親には話さない

=alt""

いじめられている子のほとんどは親に話さない

いじめられている子供は、いじめの被害を親になかなか言いません。いじめ自殺が起きると、親御さんは「いじめの事実に気づかなかった」と後悔と無念のこもった言葉を語ります。

また、識者と呼ばれる方は「なぜ、親は気づかなかったのか」「親になぜ言わないのか。」という言葉を語ります。しかし、現代のいじめを知れば知るほど、子供たちが親に言わなくなる理由が見えてくるのです。

親に心配をかけたくない

意外なことかもしれませんが、親のことを尊敬すればするほど、親のことが大好きならばなおさら、子供たちは「自分がいじめられている」ということを親には言いません。そこには、親に心配をかけたくないという気持ちが働くのです。また、子供たちの中には、まだ「いじめられていることは恥ずかしい」という気持ちがあり、それを親にいうことはプライドが許さないという側面もあります。また、私が出会った子供の中には、他にも兄弟がいるので、自分だけ親に心配をかけるわけにはいかないと思った、という子もいました。

よく、報道の中で「親が無関心だったのではないか」などと言われることもありますが、それは違います。親が好きで、親に心配をかけたくないから「言わない」ということを知っていただきたいと思います。

仕返しがこわい

もう一つ、親に言わない理由の一つに、親に言ったことでいじめがより陰湿化する“倍返し”を恐れるというものがあります。確かに、大人の打ち明けたところで適切な対処がとられなければ、いじめは深刻化してしまいます。

いじめのサインを見逃さない

これらは、「いじめは、いじめる方が悪い」ということが常識になること、さらには、学校が「いじめを解決する対処法」を学び、きちんと対処することで、子供が親や大人に「いじめを訴えやすい」環境をつくることができます。しかし、それにはもう少し時間がかかることでしょう。

それでは、今すぐに大人ができることは何でしょうか?それは「いじめのサインを見逃さない」ことです。「親に心配をかけたくない」「チクッたと言われていじめの“倍返し”がこわい」と思っている子供でも、どこかに自分を助けてくれる大人はいないか、損じられる大人は誰なのかを求めて、必ずサインを出しています。その、声にならない声をみつけて助けてあげることが大事だと思います。

次ページでは「具体的ないじめのサイン」について説明していきます。