いじめ問題・対策 ガイド 小野田 真里子

おのだ まりこ

いじめ問題は社会の縮図。子供たちの未来を守るため活動しています。

「いじめ相談員」「いじめ防止指導員」「ネットいじめ対応アドバイザー」としてメールや電話でいじめ問題解決のアドバイスをしている。いじめ問題の他、教育の現場からの教育問題についての提言を行っています。

得意分野

いじめ解決 学校との交渉の仕方 いじめ防止対策 いじめ予防海外のいじめ防止対策 

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数44
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

こんにちは。
「育児」「いじめ問題」担当の小野田真里子です。

私は今「いじめ相談員」「いじめ防止指導員」「ネットいじめ対応アドバイザー」として活動しています。
メールや電話でいじめ問題解決のアドバイスをさせていただいております。
学校交渉文書などの添削もしています。

現代のいじめは「わかりにくい」「陰湿」「子供たちの心を壊す」という特徴があります。
そして、統計上は今現在でもクラスに一人はいじめられているという実情があります。
子供たちは将来、社会に出ます。その前の学校という集団社会で「いじめ被害者」「いじめ加害者」「いじめ傍観者」としての価値観を身につけてほしくない、より建設的な人生観を身につけてほしいと願い、いじめ防止動を行っています。いじめ問題は社会の縮図です。家庭の問題、社会の問題、学校の問題がすべて反映されています。いじめ問題をきっかけに子供たちの未来を守りよりよい社会を作りたいと思います。子供たちの「絶望」を「希望」に変えたいです。

ガイドの新着記事

  • 子供がいじめられたら?親がとるべき適切な行動は

    子供がいじめられたら?親がとるべき適切な行動は

    子供がいじめられてたら……まずは一度冷静になり、子供には親として絶対に味方でいることを伝えます。そして、子供が「誰に」「どのように」いじめられているのかを明確にし「いじめを見える化」することも適切な行動と言えるでしょう。学校はもちろん、警察やマスコミに訴えることも考えましょう。

    掲載日:2020年05月23日いじめ問題・対策
  • いじめ加害者との話し合いは拒否すべき! 関係を悪化させる⁉

    いじめ加害者との話し合いは拒否すべき! 関係を悪化させる⁉

    学校にいじめ相談をすると「話し合い」を提案される場合がありますが、謝罪以外の話し合いには参加すべきではありません。「話し合い」の結果、解決するどころか加害者との関係がかえって悪化し、不登校になることが多いのです。子供を守るために「話し合い」は拒否しましょう。

    掲載日:2020年04月22日いじめ問題・対策

ガイドの新着イチオシ

公認ガイドブログ