日頃から本音で話が出来る関係づくりを

子供が自分から「いじめられている」と話してくれることは、非常にまれなことです。ですから、周りの大人が「子供の世界にはいじめはある」という前提で、子供たちを見守ってあげることが必要です。

今回は、いじめられている子、またはいじめられている可能性のある子の話を聞くときのポイントについてお伝えさせていただきたく思います。
 
=alt""

日頃から本音で話せる関係を

いじめのことも含めて「本音でできる関係」をつくっておきましょう。自分の弱いことや困っていることを、気軽に話せる関係です。大人同士は、友情でも自立した関係がもとめられますが、子供の場合はいろいろなことにぶつかるのが当たり前、それを受け止めてあげて、一緒に共感できる関係が必要です。
 

ありのままを受け止めてあげる

子供は、大人が自分を信じてくれるかどうかを心配しています。「それは本当?」「あなたの思い込みなんじゃない?」という言葉や、「あなたにも悪いところがあるのではない?」という言葉は自分が疑われ、責められていると受け取ってしまいがちです。特にいじめで心が弱っている場合はなおさらです。責められると思うと、自分の都合の良いことしか話さなくなってしまいます。
また、「そのくらいのことは気するな」や「なぜもっと早く言わなかったの?」「やられたらやり返しなさい」という言葉も禁句です。いじめられている子は、いじめを受けているうちに自分が悪いんだという気持ちになっていますので、責める言葉は、「やはり自分が悪いんだ」と失望させるだけなのです。
まずは、先入観や、大人の価値観を押し付けるのではなく、子供の感じていることを聞いてあげ、そう感じている子供の気持ちを受け止めてあげてください。ときには同じ話を繰りかえすこともあるでしょう。そういう場合でも、本人の気が済むまで話させてあげてください。話し続けているうちに、別のことを思い出したり、問題を客観的にみられるようになることがあります。

また、話を聞いてもらえることで、心が癒される場合もあります。大人にとっては「そんなこと」と思うこともあるかと思います。それでも、元気なときには笑っていられることも、心身ともに弱っているときには、衝撃をうけていることもあります。

子供の立場に立って聞いてあげましょう。そして聞いた後に、「私はあなたの味方だよ」と伝えてあげてください。励ますつもりで「頑張れ」というよりも「今まで辛かったね。」「今まで頑張ってきたんだね。」と認めてもらえる言葉の方が勇気付けられますよね。