※関連記事※
子供がいじめられていると気づいたら親がすべき事

いじめ対策文書が準備をしてから学校との交渉(相談)へ

学校に相談するためにすべきことは?

学校に相談するためにすべきことは?

いじめ被害の事実、学校への要望の文書化
ができたら学校との交渉(相談)となります。実際に学校に出向いて、いじめ解決に向けての対応を学校に求めていきます。

まず、電話で担任とアポイントメントをとり、相談をします。らちが明かないようなら、次に校長へというのが通常の流れです。

しかし、いじめ解決は早期解決が求められます。担任がいじめに加担している場合や、自分の子供以外にもクラスにいじめが蔓延しているような状況である場合は、最初から校長にアポイントを求めてもよいと思います。

対応が、遅れたために精神的にかなり追いつめられている子供が、自殺や自殺未遂を図ってしまうという最悪の事態を招いてしまうことがあるからです。

なかには校長先生とお話しすることを、ためらってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、いじめ問題は子供の生死に関わる重要で緊急を要する問題であることを認識し、子供を守るためにしっかりと対応しましょう。


いじめ交渉の内容は文書化し、ICレコーダーで録音を

=alt""

担任から校長、場合によっては直接校長に

いじめに直面した場合には、「いじめ被害事実」と「要望書」の二つの文書を作成し、これをもとに冷静に話し合いを進めます。もし、どうしても感情的になってしまうと思ったなら、文書をそのまま読み上げてください。すべての交渉事に共通することですが学校と敵対関係にならないことが大事です。

いじめを止めることができるのは学校です。ですから、冷静に事実をお伝えし、認めてもらったうえでどうするのかという「要望」を受け入れていただくことが必要です。

「言った、言わない」の争いにならないよう、交渉事は基本的にすべて文書で記録し、さらにICレコーダー等で録音をしてのこしておきましょう。スマホでも大丈夫です。

なかには、録音されることに警戒してしまい、ほとんど話さなくなってしまう先生がいるかもしれません。「録音しないでください。」と言ってくる先生もいるかもしれません。そのような場合は、メモだけをとっているふりをして、ボイスレコーダーを用意していることは伏せておいて、鞄などに入れて、こっそりと録音しておくという知恵も必要です。この場合は、盗聴ではなく、単なるメモですので犯罪にはなりません。

回答は文書で

「被害事実の文書」と「要望書」の二つを学校側にわたし、期限をきって回答をもらうよう交渉を進めますが、その回答も必ず文書で出してもらうように要請しましょう。

大切なのは、文書のやりとりではなく解決に向けての行動

ここで大切なのは、文書はあくまでも学校に「いじめ解決に向けて行動」をしてもらうことです。そのために公務員に動いてもらうには文書が有効なのです。
いじめ防止対策推進法が施行され、第23条において学校は児童等からいじめに係わる相談を受けた場合において、いじめの事実の有無の確認、いじめがあった場合には防止と再発防止に向けて学校指導や助言を継続的に行う義務が定められました。つまり、「いじめがあった」と学校に認めてもらうことが大事なのです。

相手に文書を提出する場合は原本ではなくコピーを

=alt""

ICレコーダーで録音、提出物はコピーを

交渉するうえで、場合によっては子供の日記、連絡帳、手紙などを提出することもありますが、これらはいじめを証明するための重要な証拠となります。

ですから後で「紛失した」「もらった覚えはない」などということがないよう原本ではなくコピーを提出するようにしましょう。


以上のように感情的にではなく、冷静に理性的に対処をすることでかなりのいじめに対応してもらえることが多いです。子供をいじめから守るのは親の役目と自覚して、しっかりと対応していきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。