感情の管理を求められる「感情労働」

微笑む女性

いつも笑顔で人に接しなければならない「感情労働」。やりがいもありますが、ストレスのたまりやすい仕事です

あなたの仕事は、「決められた感情」で人に接することを求められる仕事ですか? たとえば教師や保育士は、感情を上手に管理して適切な言葉、表情、態度で生徒や子どもたちに接することが求められます。

看護師やカウンセラー、ケアワーカーは、患者や利用者に共感的、受容的に接することが求められます。営業職や接客業では、たとえ相手が苦手なお客様であっても、雰囲気よくにこやかに対応することが求められます。

対人接触の仕事にかかわず、感情の管理を求められ、規範的な感情を価値として提供する仕事を「感情労働」と呼びます。肉体労働、頭脳労働に続く、第三の労働スタイルの呼称として注目されています。
 

感情労働につく人は、ストレスから燃えつきてしまう人も多い

そもそも人は、不快なことや失礼なことを言われると、不愉快な気持ちが自然と顔に出てしまうものです。しかし、感情労働者は感情管理のプロです。感情的にならないようにし、怒りをこらえて、やわらかい態度で接することを求められます。

さらに、感情労働についていると、仕事の顔がプライベートでも期待されていると感じやすくなります。人から「先生なんですか? すごいですね」などと言われれば、プライベートの場でも「教師としてふさわしいふるまいをしなければ」と意識するようになるでしょう。

同じように「看護師さんなんですね」と言われれば「どんな人にも親切でいなくては」とプレッシャーに思うかもしれませんし、「ケアワーカーさんなんですね」と言われれば「誰にでも親切な自分でいなくては」と思うかもしれません。

そのため、感情労働につく人は心がとても疲れやすくなります。使命感が強く、仕事に対して真摯な気持ちでありたいと思う人ほど、心が疲れ、「バーンアウト」(燃えつき)しやすくなるのです。

バーンアウトすると、とてもやりがいを感じていた仕事にも意義が見いだせなくなり、人に対して冷淡で無機質な態度をとるようになったりします。これは、感情の管理に疲れて、心が摩耗してしまった結果です。
 

感情労働者のバーンアウトを防ぐには?

とはいえ、感情労働はとてもやりがいのある仕事です。たとえば、対人サービスを志す人は、そもそも人に何かを教えることに喜びを感じたり、人に笑顔で働きかけることによって、よりよくなってもらいたい、幸せになってもらいたいといった思いを持ち、その職業を志している人が多いものです。

つまり、そもそも対人サービスにつく人は、「これは仕事での私の顔」と「これはプライベートの私の顔」というように、自分の生活態度を切り分けて考えることが難しいのです。では、どうすればバーンアウトを防ぐことができるのでしょうか。ちょっとした心がけでできる具体的な3つの対策をお伝えします。
 

対策1:オンとオフのメリハリをつける

オンとオフの切り替えが大事

限界を知り、オン・オフの切り替えができる人はストレスに強い

こうした特徴があるからこそ、感情労働につく人は、なおさらオンとオフのメリハリをつける必要があるのです。オンオフのメリハリをつけるためには、「ここまでは頑張れるけれど、これ以上はできない」といった自分の限界を知っておくこともその一つです。

自分の限界を理解すれば、バーンアウトで消耗するリスクを減らすことができます。
 

対策2:自分の時間をつくる

気晴らしのムダ話も大切な自分の時間

ある程度割り切ることも必要。ムダ話だって大切な自分の時間

また、仕事が終わったら意識を切り替えて、自分の時間を守ることも大切です。「仕事のことは仕事中に考えればいい」というように、ある程度割り切って考えることも必要です。

また、休日には仕事のための自己研鑽にばかり時間を費やすのではなく、趣味や気晴らし、ムダ話などの他愛のない時間も、自分のための大切な時間なのだと思うことも必要なのです。
 

対策3:仕事の顔以外も「私の顔」として受け入れる

プライベートでも仕事のペルソナをつけたままではありませんか?

プライベートでも仕事のペルソナをつけたままではありませんか?

職業にふさわしい感情の管理を求められるのは、感情労働者としては当然のことです。しかし、仕事における自分の顔が、自分自身のすべてであるはずはありません。一人の人間の中には、わがままな顔やクールな顔、ずぼらな顔、したたかな顔など、無数な顔があります。

自分でも気づかない意外な顔も、自分の中にはしっかり持っているのです。仕事で求められる顔と自分自身を一体化させねばならないと思ってしまうと、仕事の顔に合わない自分の側面が許せなくなってしまうものです。

すると、「私は感情労働者なのに、自分の感情一つ管理できない」といった考えで自分を責めてしまうかもしれません。仕事は長く続けていくことに意味があります。そのためにも、せっかく選んだ天職をバーンアウトで失わないようにしたいものです。

また、自分の多様な感情を大切にするためにも、プライベートでの自分の顔も大切にすることです。どんなに仕事が好きでも、24時間、365日、仕事の顔から解放されないでいると、人は疲れ果ててしまいます。

「こうあらねばならない」という固定観念から自分を解放することも、好きな仕事を長く続けていくためには必要です。感情労働にやりがいを覚えている人ほど、これらのことを意識していく必要があります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。