インナーマッスル

インナーマッスルってどこにあるの?

皆さまも一度は耳にしたことがある言葉「インナーマッスル」。けれども、この「インナーマッスル」ってどこにあるの?どんな働きをする筋肉なの?ストレッチをすると、どんな効果があるの??

今回注目する身体の奥の筋肉、「インナーマッスル」のストレッチは、姿勢の改善、ヒップアップ、そして脚の引き締めなど、良い事づくし!!正しい基礎知識と仕組みを理解すれば、効果も倍増です。

インナーマッスルとは?

その言葉の通り、インナー(内側の・奥の)マッスル(筋肉)= 「深層部にある筋肉」という意味です。身体のどこにも存在しない「インナーマッスル」という名前の筋肉。すべての筋肉は対となる「アウターマッスル(表面にある筋肉)」との2種類に大まかに分類されます。(両方の機能を持つ筋肉もあると考えられています。)

この2つの協同作業があるお陰で脳の指令の通りに身体を動かすことが出来るのですが、それぞれの働きはどのようなものなのでしょうか?ここでは簡単にそれぞれの役割をお伝えします。

・インナーマッスル : 安定させる

・アウターマッスル : 動きを作り出す

本当に簡単で、けれども、実に奥深い役割分担です。人間の身体のメカニズムは複雑ですが、スムーズに動くよう出来ています。

本来、よく動かすために作られている身体ですので、同じ姿勢を長時間つづけたり、デスクワークで座りっぱなしだったりすると、筋使われるべき筋肉は弱くなったり、固くなったり……痛みや姿勢を悪くする原因になってしまいます。

では具体的に、今回ターゲットにするインナーマッスルがどこにあるのか?どのように伸ばすのか?次のページで詳しく見ていきましょう。