目指すはバレリーナ

バレリーナ

バレリーナ

キュッと引き締まったバレリーナのヒップ。高い位置にあって、ボリュームはひかえめ、永遠の少女を思わせるヒップラインは魅力的ですね。その秘密はバレエ特有の筋肉の使い方にあります。

バレエの動作では、内転筋群と総称される太ももの内側の筋肉がよく使われます。試しに太ももの間に雑誌やクッションを挟んで、落ちないように力を入れてみてください。このとき使われているのが内転筋。バレエの「プリエ」の動作がもっともわかりやすく内転筋の動きを意識できます。

「プリエ」とは、つま先を外側に向けて膝を曲げながら、腰を落とす動きですが、このとき内転筋が大活躍しているのです。内転筋が発達すると、ふともものラインがシャープになります。カモシカのようなスッキリと細いバレリーナの脚はこの筋肉が発達しているためなのです。そしてこの内転筋の働きを強力にサポートしているのが、ヒップの深部にある筋肉。この記事の本題であるバレリーナの小尻の秘密もそこにあります。

バレリーナの小尻の秘密

ヒップの筋肉は多層構造です。ヒップの丸み、ボリュームを演出してくれるのは、もっとも表層で大きな面を占める大臀筋。この大臀筋の下に中臀筋と呼ばれる筋肉があります。一般的なヒップアップのワークアウトがターゲットにするのは、この二つの筋肉。特に大臀筋です。女性らしいヒップのボリュームには欠かせない筋肉ですが、バレエの動作の特徴はこの大臀筋、中臀筋より深部にあるインナーマッスルが主導的に使われることにあります。

ヒップの深部には、梨状筋・大腿方形筋・内、外閉鎖筋などのインナーマッスルがあります。バレエの動きはこうした深部筋をメインに使うため、アウターマッスルの大臀筋の発達はひかえめに、つまりボリュームひかえめの小尻を生むのです。もちろん未経験者にバレエは難しいけれど、バレエ的な動作をワークアウトに取り入れて、きゅっと引き締まったヒップラインを手に入れましょう!