正しい腕の振り方で脂肪燃焼

次は、ウォーキング時に効率良く赤筋を使うフォームを覚えましょう。

普段、歩く時に、脚の動きは意識している方は多いと思いますが、腕の振りはどうなっていますか?なんとなく大きく振れば、エネルギーを消費しやすいんじゃないかな?そんなイメージをお持ちだと思います。

もちろん、大きく振るとそれだけ筋肉も使いますし、腕に助けられて脚の歩幅も大きくなり、結果としてダイエットしやすいウォーキングになります。ですが、背中を正しく意識したまま腕を振るには、正しい「幅」の中で腕を使えているかが大切になってくるのです。

まずは、ご自身の、正しい「幅」を確認しましょう。

真っ直ぐ腕を上に引き上げて

真っ直ぐ腕を上に引き上げて

前ページのように、背中の三角形をキープした正しい姿勢を心がけたまま、両腕を真っ直ぐ真上に伸ばして下さい。

この時、自分がすっぽり入る横幅が、自分の使って良いスペースだと思って下さい。(赤い線の中です)

ウォーキングの時は、この中で腕を振ります。




正しい幅での腕振り

正しい幅での腕振り

こちらの写真は、その「幅」を正しく意識した腕の振りです。
両方の肘が、身体の前にある時も、後ろにある時も、自分の「正しい幅」を保っている事がわかると思います。
背中の中心ラインも真っ直ぐなままです。





肘がラインからはみ出した腕振り

肘がラインからはみ出した腕振り

こちらは、「正しい幅」からはみ出した腕の振りです。
前後への振り方の大きさは上記写真と同じくらいですが、両肘が正しいラインからズレ、外にはみ出したり内側に入り過ぎたりしている事がわかると思います。
背中のラインも歪んでいます。




これでは、姿勢を保つ筋肉が正しく使われにくいだけでなく、歩くたび、不必要に身体が左右に揺れて、膝や腰を痛める原因に。転倒を引き起こす事もありますし、見た目も美しくありません。
(正しい上半身の使い方は、こちらの「パーツ別テクニック~上半身編~」も合わせてご覧ください)


三角背中のウォーキングで燃焼力アップ!

普段か背中を意識!

普段から背中を意識!

いかがでしたか?
日常生活のちょっとした姿勢と、ウォーキングで腕を振る時の幅。この2点を意識しなおすだけで、燃焼力のある背中を作る事ができるのです。
赤筋を意識した脂肪をためにくい身体を手に入れて、まずは、1ケ月間「体重キープ!増えない身体作り」を目指しましょう!

次回は、11月に「ダイエットウォーキング中級編」をお送りします。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。