たけのこと春キャベツのペペロンチーノ風

所要時間:10分

カテゴリー:メインのおかず炒め物

 

パスタ無しの、たけのこと春キャベツのペペロンチーノ風

春になるとたくさん出回るたけのこと、春野菜の代表ともいえる春キャベツを使って、ペペロンチーノ風の料理を作ります。そのままパスタに絡めても良いですが、麺が無くても十分に満足感のあるレシピです。

たけのこは、便秘やむくみの予防が期待される、食物繊維やカリウムが豊富なお野菜です。また、キャベツは美肌のビタミンとも言われるビタミンCや、胃腸を守る働きがあるビタミンUなどを豊富に含みます。たけのこと春キャベツは、ダイエット中にも摂りたい栄養素をたくさん含んでいますので、おすすめですよ。

春キャベツのペペロンチーノの材料(メインなら2皿、副菜なら4皿分

たけのこと春キャベツのペペロンチーノの材料
たけのこ 水煮1本分
春キャベツ 1/2
オリーブオイル 大さじ2
赤唐辛子 適量
ニンニク 2片
少々
こしょう 少々
醤油 少々
たけのこは水煮を用意します。生のたけのこから料理をするときは、半日くらい前に、予めたけのこを水煮にしておきます。

春キャベツのペペロンチーノの作り方・手順

たけのこと春キャベツのペペロンチーノ

1:材料

材料
キャベツと、たけのこの水煮を用意します。

2:たけのこを切る

たけのこを切る
たけのこを切ります。
最初に、根元部分と穂先側の部分とにざっくり二等分し、根元部分は、いちょう切りにします。穂先側の部分は縦半分に切り、薄いくし切りにしていきます。

3:キャベツを切る

キャベツを切る
キャベツを食べやすい大きさに、ざく切りにします。

4:ニンニクを炒める

ニンニクを炒める
フライパンにオリーブオイルを入れて、ニンニクと赤唐辛子(鷹の爪)を入れ、ニンニクが少し色づくまで炒めます。

5:たけのことキャベツを炒める

たけのことキャベツを炒める
たけのことキャベツを入れ、オイルが全体に回るように大きく混ぜます。塩、こしょうで味をつけ、最後に醤油を隠し味で入れて、火を止めます。 たけのこの水煮もキャベツも、生で食べられるお野菜ですから、強火で手早く炒める方が美味しくできます。

6:できあがり

できあがり
キャベツがしんなりしてきたら火を止め、お皿に盛って、できあがりです。

たけのこの水煮の作り方

7:たけのこの皮をむく

たけのこの皮をむく
生のたけのこを買ってきて、外側の皮を数枚むき、頭の部分を斜めにざっくりと切り落とし、縦半分に切り込みを入れます。
頭の切り落としや、縦半分の切り込みは、思いきって大きく切りましょう。頭の切り落としや縦の切り込みが浅すぎる場合は、皮をむく時に苦労します。

8:ぬかで茹でる

ぬかで茹でる
鍋にたっぷりの水、米ぬか1カップ、鷹の爪数本とたけのこを入れて、約1時間茹でます。串を刺してみてすーっと通れば茹であがりです。茹であがったら火を止めて、半日くらい煮汁につけたまま冷まします。 急冷すると、えぐみが残ることがありますので、放置してゆっくり冷まします。

9:皮をむく

皮をむく
完全に冷めたら、たけのこを鍋から取り出してぬかを洗い落とし、切り込みから皮をむきます。皮がむけたら、水を張ったタッパー等に入れて冷蔵庫で保存します。毎日水を取り替えれば1週間くらい保存できます。 皮をむく際に穂先の方にある薄い姫皮は、自宅で茹でた時にしか味わえない部分ですので、ぜひ、醤油とわさびでお刺身にしてお召し上がりください。

ガイドのワンポイントアドバイス

刻んだ海苔を散らしても、鶏肉、ベーコン、しめじなどを足しても美味しいですよ。春キャベツではなく冬キャベツを使う場合は、炒める前に軽くレンジで温めておくか、少し長めに炒めるようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。