オリジナルコーヒーとめずらしい烏龍茶

メニューにトクベツな薀蓄は書かれていませんが、ソフトドリンクにも、さりげないこだわりが感じられます。おすすめはコーヒーと烏龍茶。

豆選びから焙煎の程度、挽き方などを木村さん自らが調整し、プロデュースしたというコーヒーは、その昔、彼がイスラエルでのパンの修業中に出合った、世界で一番おいしいと思えるコーヒーのイメージを再現したものだとか。
木村周一郎さん

木村周一郎さん

「フランス人は”ため息のコーヒー”、といって、ほっと一息つきながらコーヒーをよく飲むんです。だから重過ぎない、軽やかなテイストのコーヒーがいいんです」。でもじゅうぶんにコクがあって、甘みを感じるコーヒーです。
梨山(リーサン)烏龍茶(650円)

梨山(リーサン)烏龍茶(650円)

そしてどなたにもおすすめしたいのは、希少な梨山(リーサン)烏龍茶。台湾の高山茶で、すっきりとした上品な香りと味わいです。食事とともに、ワインのようにも楽しめるお茶かもしれません。

パンのある素敵な生活を

最初に新業態のカフェができると聞いた時、「どんなカフェですか?」と尋ねると、いたずらっぽい顔をして「超マジメにふざけようぜ! みたいなカフェです」と答えた木村さん。結局、ふざけているところはわたしには見つからなかったのですが、それはどうも、一般的なベーカリーカフェにはないような、居酒屋的な遊びの感覚のことを意味するようです。いわゆるパリ的な伝統メニューに加え、木村さん自らが世界中から見つけてきたテイスト、たとえばイスラエルのコーヒーや台湾のお茶、シンガポールの香りなどを融合させたそれらはすべて、パンに合うように構成されています。

それはメゾンカイザーを通して、パンのある素敵な生活、幸せな食卓を日本やアジア諸国で提案し続ける木村さんが試みる、新たなパンの居場所、といえるかもしれません。
タルトを中心に数種類のデザート

タルトを中心に数種類のデザート


メゾンカイザーカフェ
メゾンカイザーカフェ

メゾンカイザーカフェ


住所:千代田区丸の内1-4-1 iiyo!!(イーヨ!!)1F
電話:03-6269-9411
営業時間:平日8:00~23:00(料理LO.22:00 )
日祝10:00~22:00(料理LO.21:00 )
Yahoo! 地図情報

【関連記事】
ベストパン★2011(3位)
メゾンカイザー【神楽坂】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。