今やクリスマスのパン屋さんの定番

毎年12月になる頃、パン屋さんの店先に並ぶドイツ伝統の発酵菓子、シュトレン。
今や日本でもずいぶん普及して、クリスマスの定番人気商品となっています。

シュトレンのいいところは、日持ちがすること。贈りものにいいこと。お茶やコーヒーのみならずお酒にも合わせられること。忘年会やクリスマスパーティを楽しくしてくれること。

おいしいシュトレンが買えるお店を6つ、厳選してご紹介します。

【関連記事】ところで、シュトレンって何?という方はこちらをどうぞ。
ドイツのクリスマスとシュトレン

コメットのシュトレン

コメットのシュトレン

コメットノシュトレン

「デュ・パン・エ・デジデ」出身の小林健二さんが営むコメットは、今年初めてのシュトレン・シーズンを迎えています。

パリではシュトレンではなく新年のガレットデロワをつくる習慣で、小林さんのシュトレンづくりはデュ・パン・エ・デジデのシェフ、クリストフさんのホームパーティに招かれたお礼をきっかけに始まったのだとか。感謝の気持ちとしてのシュトレン。シュトレンには温かな物語が似合いますね。

寒い日、コーヒーに合わせて。

寒い日、コーヒーに合わせて。

コメットのシュトレン(3000円 箱代別途100円)は寒い日のコーヒーに合うようにつくられています。アーモンド、ペカンナッツ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツとさまざまなナッツが入って香ばしく、フルーツは赤ワインとカシスリキュールに漬けこんだイチジクのみ。スパイスはバニラとシナモン、そして胡椒のみ、といたってシンプルなのに重厚な、ナッツケーキのような味わい。ヴァンショーとも相性がよいと思います。

予約は店頭かお電話で、12月1日より販売が開始されます(売り切れ次第終了)。
通信販売はありません。
ブルーの毛糸のリボン

ブルーの毛糸のリボン

■コメット
住所:港区三田1-6-6
電話:03-6435-1534
営業時間:10時~19時
定休日:日・月
2016年のクリスマス25日は日曜ですが、9時から13時まで特別営業。

【関連記事】
パリの名店出身のパン職人の店、コメット(麻布十番)

セテュヌ ボンニデーのシュトレン

セテュヌ ボンニデーの2016年のシュトレン(2000円税込、箱代別途200円)は柚子ピールが入り、具材の量も以前の倍近くになった、とても贅沢なシュトレンです。
セテュヌ ボンニデーのシュトレン

セテュヌ ボンニデーのシュトレン

表面はバニラシュガーの儚く甘い香りで包まれていて、中にはコニャックに漬けたカリフォルニア産有機レーズン、イラン産有機レーズン、有機マスカットレーズン、有機いちじく、国産柚子ピールそしてマカダミアナッツ、アーモンドスライスが粉対比190%も練り込まれています。
香りを保つために店頭でもオンラインでも冷凍で販売されるので、冷蔵もしくは常温で一晩しっかり戻して柔らかくしてからスライスするとよいでしょう。

有形さんは以前の職場で師である杉窪章匡さん(「365日」オーナーシェフ)が他の店のシェフとその年のシュトレンを贈り合ってそれぞれの考え方や表現方法を汲み取っているのをみていたそうです。シュトレンは年末の職人同士のご挨拶の手段でもあるのです。だから気が抜けない。5年後10年後と表現の幅をひろげていきたいという有形さんのお菓子とパン、これからも楽しみです。
香りと食感で魅了するシュトレン

香りと食感で魅了するシュトレン


セテュヌ ボンニデーのシュトレンは、ロゴの入ったかわいい箱に入っているので、贈り物にもよさそうです。これからの季節はホームパーティにいいキッシュのホール売りやクグロフの販売もあります。お正月にはガレット・デ・ロワの販売も予定されています。

セテュヌ ボンニデーのシュトレンは通販もあります。申し込み詳細はこちらをご覧ください。

セテュヌ ボンニデー
住所:神奈川県川崎市多摩区登戸1889
電話:044-931-6910
営業時間 7:30~19:00 火曜定休

【関連記事】
セテュヌ ボンニデー【向ヶ丘遊園】

ツオップの2種類のシュトレン

原材料の値上げや品薄などパン屋さんにとって厳しい状況で迎えた今シーズンですが、ツオップが誇るのは、いつもの味。1986年のクリスマスから作り続けている「オリジナル・シュトレン」(3456円 税込)と本場ドレスデンの伝統的な味とかたちを追求した「クラシックシュトレン」(3132円 税込)の2種類の予約受付が始まっています。
オリジナルシュトレン

オリジナルシュトレン

「オリジナル・シュトレン」にはフェーヴが付いています。フェーヴは本来「ガレット・デ・ロワ」に入れて楽しむ小さな陶器ですが、ツオップではシュトレンにも。フェーヴが当たった人は幸せになれるというおまけ付きなのです。
まろやかな味わいを少しずつ

まろやかな味わいを少しずつ

生地は半年以上漬けこんだナッツやフルーツがしっとりと馴染んで、どなたにも好まれるまろやかな味わい。別袋で粉砂糖がついているので、たっぷりふって楽しめます。専用箱入りで、贈り物にもよいと思います。
クラシックシュトレンは麻袋に

クラシックシュトレンは麻袋に

もうひとつの「クラシックシュトレン」はやや小ぶりで、ざっくりとした麻の袋に入っています。中央にマジパンが包まれている正統派でスパイスも香りたち、通好みの味わいです。
クラシックシュトレン

クラシックシュトレン

シュトレンは毎日少しずつ、切り分けて楽しみたいものです。消費期限は約1ヶ月となっていますが、開封後、衛生的に取り扱い、冷蔵庫など常時低温で保存すればクリスマスまでじゅうぶんに持ちます。

取置き、宅配ともに専用ページで予約受付をしています。シュトレンのほかに、クリスマス商品として400年も前のパンの再現「ダイフェカーター」やクッキー「スペキュロス」の販売もあります。詳しくはサイトをご覧ください。

シュトレンその他の予約受付はこちら
伊原りえさんによるパンのリース

伊原りえさんによるパンのリース

12月のツオップの店内には毎年、パンのリースや大きなスパイスクッキー「レープクーヘン」も飾られ、クリスマスの雰囲気が訪れる人を楽しませています。この時期のツオップをまだ知らない人は必見です。
レープクーヘン

レープクーヘン


パン焼き小屋 ツオップ
住所:千葉県松戸市小金原2-14-3
電話:047-343-3003
営業時間:6時半~18時
年内無休 年始は1月7日から

【関連記事】
ツオップは2011年よりAll Aboutベストパンで殿堂入りを果たしています。

チクテベーカリーの「2016 stollen」

「シュトレンはフルーツとナッツがいっぱいで、いろいろな味を楽しめるとっておきのお菓子というイメージ。その年の集大成、という気持ちでつくります」というのは、チクテベーカリーの北村千里さん。
香りのよいきび砂糖をたっぷり

香りのよいきび砂糖をたっぷり

チクテベーカリーは人気のマフィンやカンパーニュばかりでなく、その素朴な焼き菓子がとびきりおいしいことでも知られています。「2016 stollen」は国産小麦を用い、全粒粉の酵母で発酵をとります。

「今年は北海道の中川さんの自然熟成キタノカオリの発芽小麦を生地に配合しています。土作りからはじまる有機栽培の小麦です。天候に恵まれなかった今年だからこその今年だけのシュトレンです」

ゲランドの塩、喜美良(きび砂糖)、カルピス発酵バター、自家製マジパン。シンプルで質の良い素材でつくられた生地にぎっしりと詰まったドライフルーツも、可能な限りオーガニックのものを使用、白イチジク、グリーンレーズン、レモンピール、アプリコット、オレンジピール、いよかんピール、プルーン、アーモンド、カシューナッツ、ピーカンナッツと、本当にたっぷり、いろいろな味が楽しめます。漬けこむ洋酒はラム&ブランデー、ホワイトラム&パスティスなど、フルーツに合わせて変えているそうです。シナモン、ナツメグ、ジンジャーと、親しみやすいスパイスがほのかに効いています。そしてコーティングにはきび砂糖。きび砂糖は色が白くないですが、それ自体に深く甘い香りがあってこのシュトレンにとてもよく合っています。
チクテベーカリーのシュトレン

チクテベーカリーのシュトレン

まわりがカリっと中はしっとりとしてゆっくり楽しめるシュトレン(3200円 税込)は大変人気ゆえオンラインショップでの受付は終了してしまいましたが、店頭受け取り店頭予約はまだ大丈夫です。12月の土日(11日日曜日のお休みをのぞく)、25日まで店頭販売も数は少ないですが用意があります。

チクテベーカリー
住所:八王子市南大沢3-9-5-101
電話:042-675-3585
営業時間:11:30~18:30(11月29日まで)
11月30日より冬時間 10:30~17:30
定休日 月火

【関連記事】
チクテベーカリー【南大沢】

ブーランジェリー スドウのシュトレン

ブーランジェリースドウのシュトレン

ブーランジェリースドウのシュトレン

ブーランジェリー スドウのシュトレン(3240円 税込)のおいしさの秘密のひとつはスペイン産のアーモンドにあります。パティシエたちが「スペイン産のアーモンド」というときのあのちょっと誇らしげな表情を、頭のどこかで記憶していたものの、よく知らなかったので須藤さんに伺うと、「スペイン産のアーモンドは、風味、香りともに世界ナンバーワンといわれるくらい香りがいいんです」との答えが返ってきました。
素材の厳選はもちろん、した処理も大切

素材の厳選はもちろん、した処理も大切

スペイン産はアーモンド本来の豊かな風味が特徴で、甘味があり皮の渋みが少ない。ほのかな杏仁の香りが特徴で、焼き菓子などシンプルなものほどその特徴が出やすいのだそうです。ただし原価は倍。須藤さんは挽きたてをマジパンにしたものを生地に練り込んでいます。だから全体にしっとりと香り高くコクがあるシュトレンに仕上がるのです。バターと砂糖が固まった部分とアーモンド、ヘーゼルナッツにクルミがカリッホロッっと香ばしい食感です。
フルーツは半年前からラムに漬けこむレーズン、イチジク、オレンジピール、アプリコット。スパイスはシナモン、バニラ、カルダモン。おいしさの、もうひとつの秘密は(これが大きいのですが)素材のした処理から始まる須藤さんの丁寧なお仕事にあるようです。
甘くカリッホロッっと香ばしい食感

甘くカリッホロッっと香ばしい食感

ブーランジェリー スドウのシュトレンは現在、予約受付中。数量限定で毎日店頭販売もあります。ほかにはヨモギを練り込んだ和のシュトレン「和み」(3240円)も。
ワインやシャンパーニュにも

ワインやシャンパーニュにも

店頭に並ぶ予約済み

店頭に並ぶ予約済み

新年には毎年大人気のガレット・デ・ロワの販売も予定されています。

ブーランジェリー スドウ
住所:世田谷区世田谷4-3-14  
電話:03-5426-0175
営業時間:9:00~19:00 日月定休

【関連記事】
ブーランジェリー スドウ【松陰神社前】

サンス エ サンスのシュトレン

「イチジクやアプリコットのみずみずしさがよかった。酵母やドライフルーツのもととなった果実の経てきた時間が、北海道で小麦づくりに携わってきたひとたちの想いが、菅井さんのていねいな仕事でおいしくまとめられている」これは昨年、サンスエサンスのシュトレンを食したときの感想です。
サンス エ サンスのシュトレン

サンス エ サンスのシュトレン

小麦粉は石臼挽きハルユタカ、春よ恋、キタノカオリをブレンド。毎年少しずつ配合が変わるそうです。酵母は自家製レーズン酵母。ドライフルーツとナッツ(レーズン、カレンズ、イチジク、アプリコット、プルーン、オレンジピール、クルミ、ヘーゼルナッツ)はそれぞれに漬けこむ洋酒の種類や期間が異なっているという手間のかけよう。焼き上がって10日熟成させてから販売、それからクリスマスまでのあいだ、ゆっくり楽しんでもらえるようにつくられています。
つくり手にとっても、特別なもの

つくり手にとっても、特別なもの

シュトレンは本当に手間がかかるものですが、お客さんにとって特別なものである分、つくり手にとっても楽しみと緊張が入り混じった特別な仕事となる、とサンス エ サンスの菅井悟郎さんは言います。

菅井さんは常にバランスについて考えています。素材を厳選し、味を優先しながらなるべく有機の原材料を選び、外国の伝統に敬意をはらいつつ、日本でおいしく味わってもらうためにはどうしたらいいか考え、砂糖の糖度、スパイスの合わせ方にも気を遣い、そして、サンス エ サンスのその年のシュトレン(2200円)ができあがります。

サンス エ サンスでは通販はありません。シュトレンの発売日はホームページにて告示されます。

sens et sens(サンス エ サンス)
住所:東京都町田市つくし野1-28-6
電話: 042-850-5909
営業時間: 11:30~18:00(17時L.O)
定休日: 水・木

【関連記事】
サンス エ サンス【つくし野】