デュ・パン・エ・デジデがポップアップストアをオープン

パリの「デュ・パン・エ・デジデ」

パリの「デュ・パン・エ・デジデ」

パリの人気ブーランジュリー「デュ・パン・エ・デジデ」(Du Pain et Des Idées)が待望の日本初上陸。青山の「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」(RITUEL par Christophe Vasseur)内に2016年6月18日~7月24日、期間限定ストアをオープンします。
クリストフ・ヴァスールさん

クリストフ・ヴァスールさん

デュ・パン・エ・デジデはクリストフ・ヴァスールさんによって2002年にパリ10区にある100年以上前の歴史的建造物でスタートしました。そのパンの製法も同じくらい古く、100年も前の伝統的なもので、品質の良い素材によってつくられるパンが評判になり、まもなく世界中から彼のパンを求めて訪れる人の列がたえない有名店となりました。

店はフランスの権威あるガイドブック「Gault et Millau(ゴー・エ・ミヨ)」で「ベストブーランジュリー・オブ・パリ2008」、「Pudlo(ピュドロ)」で「ブーランジュリー・オブ・ザ・イヤー2012」などさまざまなところで高く評価され、そのパンは「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」、「Passage 53」、「Restaurant Saturne」などのガストロノミーレストランでも供されています。
期間限定の外装

期間限定の外装

リチュエル パー クリストフ・ヴァスール青山店はこの期間だけ、店の左端がデュ・パン・エ・デジデ風に改装され、クリストフさんのスペシャリテ「パン・デ・ザミ®」の販売が行われます。

デュ・パン・エ・デジデのスペシャリテ、「パン・デ・ザミ®」

パン・デ・ザミ

パン・デ・ザミ

そう、日本ではハード系のパンより多くの人に親しみのあるクロワッサンやエスカルゴなどのヴィエノワズリーが先に上陸しましたが、デュ・パン・エ・デジデといったら、パン・デ・ザミ®、というくらい有名なパンなのです。案の定、「ところでパン・デ・ザミは?」という日本のファン達の声がかかること多数で、それが今回のポップアップストアに繋がりました。
数日おきにパリから空輸され、日本で仕上げられる

数日おきにパリから空輸され、日本で仕上げられる

パン・デ・ザミは友達のパンという意味。そのパンの誕生秘話は以前クリストフさんにインタビューをしています。

パン・デ・ザミ誕生秘話。クリストフさんが友達と食べたかったパン。

パン・デ・ザミの材料はオーガニックのフランス小麦(Type65)、微量のイースト(粉対比0.02%)、多めの水(約71%)、そして塩のみ。
48時間の長時間発酵を経て独自の焼成方法により生まれる大きなパンは、ナッツや焼きシャテーニュ(栗の一種)のような香ばしい香りとワインのように熟成された深い香りをたっぷりと含んでいます。

期間中、パン・デ・ザミはパリの店で7割がた焼き上げたものを数日おきに空輸、日本で最終焼成するかたちで提供されます。販売のサイズは1ピースで税込490円です。

デュ・パン・エ・デジデのタルティーヌ

2種類楽しめるタルティーヌセット

2種類楽しめるタルティーヌセット

パン・デ・ザミ®の食べ方としておすすめのひとつは、タルティーヌ。ここではクリストフさんのレシピによる5種類のタルティーヌ(各税込390円)の販売もあります。お好みの2種類とサラダ、そしてオーガニックのワイン(赤、白、ロゼ各種もしくは有機ブドウジュース)のセット(税込1480円)がおすすめです。
6月23日までクリストフさんもお店にいるので、タイミングがよければクリストフさん自らがつくってくれるかもしれません。
タルティーヌはどれもクリストフさんおすすめの取り合わせ

タルティーヌはどれもクリストフさんおすすめの取り合わせ

私は自家製いわしのリエットをのせてシブレット、ライムをトッピングした「リエット ド サーディン」とKAOKAのミルクチョコレートをのせ、ローストしたヘーゼルナッツをトッピングして焼いた「ショコラ エ ノワゼット」に、ロゼワインという組み合わせにしてみました。
オーガニックワイン単品は500円

オーガニックワイン単品は500円

サーディンはペースト状で食べやすく、ライムが爽やか。薄切りでカリッとしたクラストが香ばしいパン・デ・ザミ®と最高の組み合わせです。しかしそのあと、クリストフさんも大好きなミルクチョコレートのタルティーヌを食べると、トロリとしたチョコレートとよく焼けたパンのナッティなコクも最高に思えて……。どれもがクリストフさんイチオシのタルティーヌだからですね。
タルティーヌは全部で5種類

タルティーヌは全部で5種類

ほかには自家製のタプナードと有機レモン、「ピエール・オテイザ」のパテ ド カンパーニュとコルニッション、有機トマト、有機バジルとフェタチーズなどがあり、テイクアウト可能です。セットやワインは外のベンチや店内テーブルで楽しめます。

500冊限定『Le Pain de la Terre à la Table』と今後の展開

クリストフさんのフィロソフィーが詰まった美しい本

クリストフさんのフィロソフィーが詰まった美しい本

『Le Pain de la Terre à la Table』(RITUEL限定特別価格税込5700円)はクリストフさんが4年かけてつくり上げ自費出版した本です。本のタイトル『Le Pain de la Terre à la Table(パン~大地からテーブルまで)』の通り、クリストフさんの思想、小麦やワインの生産者の紹介、パンやタルティーヌのレシピなど、常にクリストフさんが話していることがBENOIT LINEROの美しい写真とともに掲載されています。そこには古来種の小麦の素晴らしさや、危険にさらされている種の多様性についても書かれています。30歳で仕事を辞めて自分が本当にしたかったパンの世界に飛び込み、すべてをゼロから始めたというクリストフさんの、人生哲学が詰まっていることに感動をおぼえます。フランス語の本ですが、日本語訳の冊子がついています。

本の他に、オリジナルのエプロン、パンを入れるコットンバッグ、卓上パン入れの販売もあります。
リチュエルではパリよりおいしいと言われるエスカルゴを

リチュエルではパリよりおいしいと言われるエスカルゴを

さて、今後の展開はどうなるのでしょうか?

ポップアップストアはデュ・パン・エ・デジデが日本に常設店をオープンするまでのひとつの段階と思われます。
まずは7月24日まで、素晴らしきパン・デ・ザミ®をぜひ味わってみてください。

デュ・パン・エ・デジデ

デュ・パン・エ・デジデ

Du Pain et Des Idées  (RITUEL par Christophe Vasseur青山店内)
住所:港区北青山3-6-23 1F
電話:03-5778-9569
営業時間:月~金 8:00-19:00 (土日祝 9:00~)初日のみ11時~
Yahoo!地図情報
東京メトロ表参道駅B2出口徒歩0分

【関連記事・サイト】
ヴィエノワズリー専門店リチュエル【自由が丘】
ヴィエノワズリー専門店リチュエルの旗艦店、青山にオープン!
パン・デ・ザミ誕生秘話。クリストフさんが友達と食べたかったパン。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。