メゾンカイザー神楽坂店

パンが並ぶ棚の裏側はカフェスペース。焼きたてのパンのほか、注文を受けてから作る各種サンドイッチ(499円)、エスプレッソ(300円)などが楽しめる。

東京ミッドタウン、西武池袋店など首都圏の百貨店を中心に、ここのところ店舗が増えているメゾンカイザーですが、神楽坂店はカフェが併設された小さな路面店。昨秋OPENしたばかりなのにすっかり景色に溶け込んで、町のパン屋さんらしい佇まいです。

飯田橋から神楽坂上を経由して行く散策を楽しむならば20~30分程度、直行するなら牛込神楽坂駅からすぐの距離に、お店はあります。

パン神楽坂(203円)はこの店のために作られたパン。ライ麦粉とフール・ド・セル(自然塩)を使用。メゾンカイザー各店には通りの名や地名をつけた「ご当地パン」なるものがある。

雨模様の日、外の黒板には雨の日サービスとしてパンを買ったお客さんにプチパン1個をプレゼント、とのお知らせが出ていました。雨に濡れたお客さんにはタオルが差し出され、おとなしくしている子供たちにはお菓子が振舞われ、なんだか温かい雰囲気。駅に近い百貨店の利便性はうれしく、わたしがいつも利用するのはそちらのほうが多いけれど、路面店には百貨店とは違った良さがあるようです。

クロワッサン(189円)大きめサイズでサクサク。最近ではパリのフィガロ紙でナンバーワンに選ばれたことと関係なく人気。

神楽坂店はパンを製造する場所と売場、コーヒーを淹れたりサンドイッチを作る場所とそれらを楽しむカフェが35坪の中にコンパクトにまとまっているのです。見渡せばすべて視覚に入ってきて、それがおいしい雰囲気となって伝わってくるようです。

「パン屋さんっていうのは真夜中から始まって、朝店を開けてから夜遅くまで、町の人たちにとってなくてはならない存在、町の一部となってなんぼなんです。高輪や神楽坂の店のスタイルが本来の、そして今後もあるべきパン屋の姿なんだろうなと思うんですね」メゾンカイザーを運営する木村周一郎さんは言いました。

バゲット モンジュ(294円)1日に300本売れるバゲット。