豆腐とトウガラシを食べて発毛に成功した男性たち

毛根イメージ

左は男性型脱毛症の一方、右の寿命をまっとうして自然に脱毛した毛根は、根元がふくらんでいることがわかる

皆さんが気にされている男性型脱毛症とは「ヘアサイクルが乱れ、本来、成長期にあるはずの毛母細胞が正常に働かず、髪が抜け落ちてしまう状態」のこと。これを防ぐためには、正常なヘアサイクルに戻し、2~8年という髪本来の一生をまっとうさせなければなりません。そのカギを握る物質が「IGF-I」です。

IGF-Iは、筋肉、骨、皮膚、神経、内臓、唾液などにも含まれているアミノ酸の結合体。そう、皆さんの身体の中にあらかじめ備えられています。ただし、その量は加齢と共に減少し、また、薄毛の人たちでは、さらに減少します。そのため、発毛・育毛を促すためには全身、特に頭皮でIGF-Iを増やす必要があります。

では、どのように頭皮でIGF-Iを増やすのか。答えは、「髪の毛を生やす効果大の体内物質IGF-Iとは?」でもお伝えしたとおり、カプサイシン、イソフラボン、この2つの成分を摂取することです。そうして胃の知覚神経を刺激すれば、安全で効率的に頭皮を含めた全身の「IGF-I」を増やすことができるのです。

この2つの成分を含む代表的な食材が豆腐とトウガラシ。これらを摂り続けて、抜け毛・薄毛の進行を止め、少しずつ髪の毛が生えてきた体験をされた男性たちの声を、私が監修したこの本から抜粋してご紹介していこうと思います。

豆腐とトウガラシを食べ始めた2ヵ月後に変化が

■田中英明さん(30歳・仮名)
中学生の頃から頭頂部が薄くなり始め、大学を卒業する頃には、誰がどう見ても立派な薄毛になっていました。その頃には頭頂部だけでなく、ひたいの生え際もかなり後退。

そうならないための努力は、もちろん続けていました。抜け毛・薄毛を止める効果があると聞けば、シャンプー、育毛剤、食べ物、ブラッシングなど何でも試してはいたんです。でも、効果があらわれず、いつの間にか諦めてしまう……その繰り返しでした。

だから、「豆腐とトウガラシを食べることで頭皮にIGF-Iという物質が増え、毛母細胞が刺激されて抜け毛・薄毛が止まる」と聞いても半信半疑。今まで何をやってもうまくいかなかったですし、そもそも、そんなに簡単なことで改善するとは思えませんでした。

味噌汁イメージ

田中さんはインスタント味噌汁を使って豆腐とトウガラシを摂取することに

試してみる内容は、1日あたり、豆腐半丁&トウガラシ(一味でも七味でもOK)を小さじ2杯くらい食す、というシンプルなもの。料理が全くできない僕なので、インスタント味噌汁に豆腐とトウガラシを足すという手抜きメニューを、朝あるいは夜に毎日食してみました。

そんな田中さんの頭皮に変化があらわれたのは、豆腐とトウガラシを摂り始めてから2ヵ月後のことでした。