文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
職場での暑気払い、仲間と一緒にビアガーデンと、夏はお酒を飲む機会が盛りだくさん。でも、ちょっと待って下さい。「肝臓は髪のタンパク質を生成する→お酒を飲みすぎると肝臓に負担がかかる→肝臓が弱って薄毛が進む」という一連のサイクルをご存知の方もいるでしょう。お酒は必ずしも髪にいいわけではありません。とはいえ、わかっていてもやめられないのがお酒好きの性分。そこで今回は、お酒の種類を理解して、なおかつ肝臓に優しい飲み方について考えてみましょう。

あらためて
お酒の種類をおさらい

ビールを飲む男性
ビールがおいしい季節がやってきました。お酒好きにはたまりませんが、飲み過ぎると……。
お酒は百薬の長。「ストレス解消」や「血行を良くする」といった効能はよく知られていますが、お酒の種類ごとに、さまざまな効能があります。まずは、お酒の種類と特徴を見ていきましょう。

◎醸造酒
発酵によってつくるお酒で、日本酒、ワイン、ビール、紹興酒などが該当します。後で説明する蒸留酒よりも栄養価は高く、飲み過ぎは肥満の原因ともなります。それぞれの成分・効能を見ていくと、日本酒が含む糖分、アミノ酸、ビタミン類などにより、抗がん作用、美肌効果などが期待できます。赤ワインは動脈硬化を防ぐポリフェノールを含み、ビールはビタミンB1・B2、パントテン酸、葉酸などを含み、整腸作用、利尿作用、善玉コレステロールといった効果があります。紹興酒は疲労回復や冷え性に良いといわれています。

◎蒸留酒
発酵させた原料液を加熱し、蒸発した湯気を冷却して製造するお酒で、焼酎、ウイスキー、ウオッカ、テキーラ、ジン、ラム酒などを指します。醸造酒に比べて低カロリーなのが特徴です。最近女性にもポピュラーになってきた焼酎もこちらで、甲類と乙類という種類があります。蒸留方法の違いにより、無味無臭に近くクリアな味わいのため酎ハイのベースに使われるのが甲類、そばや麦、芋といった主原料の風味を残しているのが乙類と覚えておきましょう。一定の基準を満たした「本格焼酎」と呼ばれる乙類には、血栓を溶かす酵素を増やす効果があります。

◎混成酒
醸造酒や蒸留酒に、果汁や植物のエキス、糖分を加えたもの。梅酒やカリン酒、カンパリ、各種リキュール類など。

自分に合ったお酒を
見つけることが大切

ずらりと並ぶ焼酎
肥満気味かもと思ったら、低カロリーの焼酎を選ぶなど、お酒選びは大切なポイントです。
このように見ていくと、ひと口にお酒といっても、さまざまな種類と特徴があることがわかります。重要なのは、自分に合ったお酒を見つけておくこと。例えば、肥満が気になる人が高カロリーな日本酒を飲み過ぎるのは、さらに肥満を進行させてしまう危険性があります。肥満は頭皮への過剰な皮脂の分泌を促し、頭皮の過剰な皮脂分泌は脂漏性脱毛の原因となってしまいます。

「最近、太り気味かも?」と気になる人は、醸造酒に比べて低カロリーの焼酎にする、髪のパサツキが気になる人は、髪や肌の材料となるアミノ酸を豊富に含んだ日本酒を飲むといった配慮は、きっと健やかな育毛に結びつくでしょう。

ただし、どんなに自分に適したお酒でも、飲み過ぎればデメリットの方が勝ってしまうと心得て下さい。また、お酒を飲む上で欠かせないのが、おつまみ。次のページでは、髪に良いおつまみの選び方について、考えてみましょう

次ページで、おつまみをチェック!