鮭身の赤色の素「アスタキサンチン」がカギ

鮭-1

鮭が薄毛予防に?そのメカニズムは……

「鮭身の赤色が薄毛予防にいい」と言われても、半信半疑の方が多いかもしれません。しかし、鮭身の赤色の素となる物質「アスタキサンチン」を詳しく知れば、そのメカニズムをご理解いただけるはずです。

アスタキサンチンは、もともと藻類に含まれている物質で、紫外線の酸化ストレスを軽減する性質を備えています。最近、特に注目されているのが、その強力な抗酸化作用(身体の酸化が引き起こすといわれる、老化、ガン、生活習慣病などを防ぐ作用)です。

その力は数値を見れば一目瞭然。なにしろ、ビタミンEの約550倍~約1000倍、野菜に含まれるβ(ベータ)カロテンの約40倍、さらに化粧品、サプリメントなどでおなじみになったコエンザイムQ10の約800倍という報告もあるのです。こうしたパワーを秘めていることから、アスタキサンチンには「自然界最強の抗酸化成分」との別名もあるほどです。

アスタキサンチンは薄毛男性の味方だった

鮭-2

急流を遡る鮭のパワーの源は主に藻類から摂取するアスタキサンチン

このアスタキサンチンが鮭身の赤色の素なのですが、実は、鮭は本来白身の魚。生まれたときはアスタキサンチンを持っていません。では、どのように摂取するのでしょうか。

そう、答えは先述した「藻類」です。鮭は回遊中に藻類を大量に食べて体内にアスタキサンチンを蓄積。生まれ故郷の川で産卵するため、急流に負けず遡上する力を養っているのです。川を遡る途中で鮭は激しい運動をしなければならず、同時に大量の紫外線を浴び、さまざまな感染症との戦いも強いられます。アスタキサンチンは、その過酷な状況に対抗するためのエネルギー源というわけです。

このように鮭にパワーを与えるアスタキサンチンは、私たちの研究によって、知覚神経を刺激する作用を兼ね備えていることがわかりました。

ということは、薄毛予防、育毛に期待ができるというわけです。詳しくは次ページで。