文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
ヘアケアに気を使う人も、意外と髪の毛そのものに関しては、知らないことが多いのではないでしょうか。
そこで今回は、髪の毛をめぐる雑学大全集をお届けします。その1回目は、髪の成分や本数、1日にどれくらい伸びるかなど、ちょっと学術的な話題です。

頭に10万本生えている髪の毛。
はたしてそのスペックは?

髪の毛には、実際に神秘がいっぱい!
まず、頭に10万本生えているといわれる髪の毛のスペックを見てみましょう。
ちなみ髪の毛の本数(生えている本数というよりも、毛根の数と言った方がよいでしょうか)は赤ちゃんの時に既に決まっていて、その後、変わることはありません。日本人はおよそ10万本。欧米人はそれよりも若干多めで、14万本前後です。

●髪の3つの役割
まず、何のために生えているのか──髪の役割には、「頭の保護」「感覚器官」「不要物の排出」の3つがあります。

「頭の保護」は、ご存知の通り、雨や日光、暑さ寒さから頭を守り、衝撃を受けてもケガをしにくくしてくれる働きです。「感覚器官」とは、毛根付近にある神経が外部からの刺激に反応し、周囲の状況を察知すること。また「不要物の排出」とは、カドミウムなど人体に有害な物質を、毛乳頭を通して髪の毛に取り込み、外に排出する働きです。

●主成分はタンパク質
髪の毛は、外側からキューティクル、コルテックス、メヂュラという3つの層で出来ています。その成分は、以下の通り。

キューティクル/硬いタンパク質
コルテックス/繊維状のタンパク質
メヂュラ/柔らかいタンパク質と脂質

つまり、ほとんどがタンパク質でできているわけです。

●1日に0.3~0.5mm伸びる
当然、個人差はありますが、髪の毛は1日に0.3~0.5mm伸びます。0.5mm伸びるとして、1カ月で1.5cm、1年で18cm。これは、体毛の中で2番目の速さです(1番速いのは、ヒゲ)。

切らないとどこまでも伸ばせそうですが、髪の毛にも寿命があるため、伸ばし続けても1mを超えるのは至難の業のよう。それに達する前に抜けてしまいます。
ただ、ギネスブックによると、認定された世界最長は、5m15cm。タイの男性の記録ですが、これはスゴいですね。

全ての人が全て違った性質の髪の毛を持っています。
●太さはわずか0.05~0.15mm
髪の毛の太さには個人差があり、同じ人でも年齢によって変化しますが、大まかな太さは、0.05~0.15mm。平均で0.07mmくらいでしょうか。
髪の毛の太さには、前述のコルテックスの量が大きく関わっています。それが多いと太く、少ないと細くなります。

男性:10~20代にかけて太くなり、20代後半には細くなる
女性:10~30代にかけて太くなり、30代以降に細くなる

●1本で50~200gを持ち上げる強度
これも個人によって違いますが、1本の髪の毛が持ち上げられる重さは、50gとも100gとも、200gとも言われています。10万本ある髪の毛が1本50gを吊したとしても、全部で5tのものを持ち上げることができると言うわけです。

サーカスに、髪の毛で体を支えるアクロバットがあります。見ていると「落ちないかなぁ」と心配になりますが、自分の体重を支えるくらいの芸当は、簡単にできてしまうのですね(素人の方には、痛さが問題!)。

次のページでは、髪の毛の色、
くせ毛やペットの脱毛症などの話題を!