文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
誰だって、先のことは気になります。最近、抜け毛が多いなーなんて髪の毛に不安を感じている人なら、すぐにでもハゲてしまうのだろうかと、気になってしまうに違いありません。不安が高じて、抜け毛が増えるかもしれません。そんな髪の毛の行く末が気になるアナタのため、あと何年でハゲてしまうのか、考えてみましょう。

すべての男性は
ハゲに向かっている

中高年の男性
人間が年をとるのと同様、頭髪も、必ず年をとってゆきます。
まず、特に髪の毛のトラブルを抱えていない人の場合を考えてみましょう。髪の毛を生育状況別に分類すると、成長期、退行期、休止期にそれぞれ分類されます。1つの毛根に注目すると、成長期の髪の毛は、頭皮から生えてから2~5年間、伸びつづけます。その後、退行期(2~3週間)を迎えて成長が止まり、抜け落ちます。さらに2~3年間の休止期を経て、同じ毛根からまた髪の毛が生えてくるという仕組みです。

このように、髪の毛は成長期、退行期、休止期という成長サイクルを繰り返しています。なお、髪の毛の総数は約10万本。1日に抜け落ちる量は通常は50~80本であり、成長期の髪の毛が問題なく伸びているならば、せいぜい100本未満の脱毛は特に問題なしとされています。

生活習慣などの改善で
髪もアンチエイジング

鏡ストレッチ運動をする男性
健やかな髪を長く保つなら、運動などをして体を動かし、全身の血行を良くしておくことが大切です。
髪の毛の成長サイクルは、老化によって、徐々に狂いが生じてきます。年を重ねれば誰だって顔にしわが深く刻まれ、物覚えが悪くなり、体力が衰えてくるのと同じで、抜け毛もまた加齢現象です。50歳の男性のうち約半数が、男性型脱毛症、いわゆるハゲと呼ばれる状態に入っているという調査結果もあります。加齢によって髪の毛の成長サイクルにも変化が生じてくるわけです。髪の毛は細くなり、抜け毛の本数が1日100本以上になる一方、生えてくる数はそれを下回るようになる。こうなったらハゲへのカウントダウンが始まっていると言えるでしょう。後はどれだけ髪の毛を長持ちさせることができるか、個人の体質や生活習慣によって大きく左右されます。

老化を予防・遅らせるという意味で、「アンチエイジング」という言葉が定着しつつありますが、加齢現象としての抜け毛にも、運動をしたり禁煙に取り組むといった生活習慣、食生活の改善は有効な手段です。血の巡りを良くすることも、重要ポイントとなります。年を重ねると肩や腰のコリがつらくなるものですが、これは若い頃に比べて体中の血の巡りが低下していることが原因の1つとされています。健やかな髪の毛の成長は、毛根に血液を介してどれだけ十分な栄養が行き渡るかにかかっているといっても過言ではありません。運動や柔軟体操、マッサージによって全身の血行を良くしておくことは、髪の毛のアンチエイジングに大きな効果があるのです。

次は薄毛の予兆がすでにある人の場合