「ワカメを食べると抜け毛・薄毛予防になる」は本当?

ワカメイメージ

「ワカメの薄毛予防効果」は伝説ではなかった!

このサイトでは、これまでさまざまな食べ物、飲み物を通じて、抜け毛・薄毛対策を提案してきました。愛読していただいている男性の中には「これを食べると抜け毛予防に効果がある、あれを飲めば育毛に効果がある」などの知識が豊富になられた方も多いでしょう。

さて、ここで質問です。「ワカメを食べると抜け毛・薄毛予防になる」というのは本当だと思いますか?

おそらく多くの方は「NO」と答えると思います。単なるウワサの類に過ぎないと一笑に付してしまう方も多いかもしれません。育毛研究をしている専門家からは「ただの迷信だ」と切り捨てられてしまいそうです。

しかし、ワカメ、いえワカメに限らず、海藻類には立派な抜け毛・薄毛予防効果があると想定されています。なぜなのでしょうか?

ヒミツは表面の「ヌルヌルネバネバ」

理由は海藻類に含まれる食物成分に隠されています。

ここでコンブを思い浮かべてください。そう、表面がヌルヌルネバネバしていますよね。あの触感の正体は多糖体という物質です。糖分子がつながったもので、ジャムなどを加工する工程で粘りをつけるための食品添加物に使われています。

コンブをはじめ、ワカメ、モズクなどの多糖体から抽出された物質は「フコイダン」と呼ばれています。サプリメントなどにも使われているので、その名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

このフコイダンが素晴らしいのは、胃の中に入ると知覚神経を刺激してIGF-1を増やしてくれることです。そして、IGF-1の作用により、免疫系を活性化させることで、免疫力を向上させる効果があるものと考えられます。

さて、フコイダンの刺激で増加したIGF-1は、男性型脱毛症などで萎縮していた毛母細胞を刺激します。すると毛母細胞は再び分裂を始め、髪の毛が抜ける休止期が短くなるのです。コンブやワカメ、モズクなどヌルヌルネバネバの海藻は、乱れたへアサイクルを正しい周期に戻すように働いてくれるわけですね。

【関連記事】
「髪の毛を生やす効果大の体内物質IGF-1とは?」

次ページでもヌルヌルネバネバが特徴の海産物で抜け毛・薄毛予防を!