忘年会や新年会が目白押し、なんて人も多いのではないでしょうか?年末年始は 1年で最も太りやすいシーズンであり、これまで努力してきたダイエットが水の泡になってしまうかも……という危機的シーズンでもああります。

そこで今回は、「飲み会は楽しみたい。でも体重増加は絶対に避けたい!」という年末年始の悩みを解決するダイエットの秘策をご紹介していきたいと思います。

年末年始の前に2kgを落とす!

余裕をもってダイエット!

余裕をもってダイエット!

毎年、年末年始で体重が増えることが分かっているのであれば、あらかじめ体重を落としておくのも体重オーバーにならないコツです。12月上旬にダイエットを開始し、約1カ月でマイナス2kgを目標にするのが理想です。

まず食事面では、極力糖質の摂取を抑えましょう。炭水化物(お米、麺類、パン類など)は、朝食か昼食に軽く食べる程度にし、野菜(芋類は除く)、肉、魚、卵、大豆製品をバランスよく食べるようにしていきましょう。*アルコール、お菓子類、加工食品はNG。

運動面では、有酸素運動と筋トレエクササイズをミックスした運動を週4~5回実践。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を15~20分程度、スクワット、脚上げ、腹筋などの筋トレエクササイズを各10~15回程度行うことで、新陳代謝を上げて燃えやすい体&引き締まったボディを作り、マイナス2kgを目指します。

年末年始のイベントで太らないコツ

食べ方&飲み方の工夫で太らない!

食べ方&飲み方の工夫で太らない!

あらかじめ2kg程度を落とすのに成功した人でも、年末年始のイベントシーズンは危険! また、年末年始前のダイエットに失敗した人ならなおさら、ここで諦めて忘年会&新年会と暴飲暴食を続けてしまっては、体重の増加は止められません。そこで、イベントが続く年末年始は、以下の点に注意していきましょう。

■ カロリーの低いものから食べる
野菜、汁物、豆腐など、低カロリーの料理から食べてお腹を満たせば、脂っこい高カロリーな料理の摂取量を抑えることができます。特にお酒に合う唐揚げやフライドポテトなどの揚げ物は、食べ始めると止まらなくなる傾向にあるので、先に他の人に取り分けてしまい手元に置かないようにするのもオススメです。

■ 事前にメニューを把握
「どんな料理がメインに出てくるのか?」が分かるのであれば、それに備えて朝食・昼食で調整するのもコツです。大皿をみんなで取り分けするような場合であれば、高カロリーな料理はスルーしようという心構えもできますし、ピザやパスタなど炭水化物が多くなりそうな場合は、朝食・昼食は炭水化物をカットすれば◎。お肉料理がメインの場合は、朝食・昼食で野菜を中心に食べるように心がけましょう。

■ お酒の種類を選ぶ
乾杯の際に飲むことが多いビールはカロリーが高く、宴会の席ではちょっと飲むたびにお酌され、調子に乗って飲み続けるとたちまちカロリーオーバーになってしまいます!乾杯後は、糖度&カロリーの低いお酒(蒸留酒)に早めに切り替えちびちびと飲み、同時に水やウーロン茶を飲むようにするのも良いでしょう。