フライパン1つで簡単! 焼鳥丼風弁当

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず焼き鳥

 

フライパン1つで簡単に! 焼鳥丼風弁当

 焼鳥丼って、なんだか惹かれます。親子丼の応用編みたいな感じです。本来ならば炭焼きですが、朝にそうも言っていられないので、フライパンで。ささっと作って、見事な出来栄え。卵と鶏肉、そして野菜がちょっとあれば今からすぐに作れます。

焼鳥丼風弁当の材料(2人分

焼鳥丼風弁当
鶏もも肉 大1枚
2個
ししとう 4つ
しいたけ 2つ
ねぎ (白い部分)1本分
サラダ油 大さじ1
みりん 大さじ1
醤油 大さじ1
砂糖 小さじ1/4
少々
ご飯 お茶碗2杯半
紅しょうが お好みの量
鶏肉は小さめに切るので、ジューシーなモモ肉の方がおいしくできます。付け合わせの野菜は、お好みで。ピーマンやナスもおすすめです。

焼鳥丼風弁当の作り方・手順

焼鳥丼風弁当

1:材料を切る

材料を切る
鶏肉は余分な脂をそぎ落としたら、一口大の大きさに切り、酒(分量外:少々)をふります。長ネギは5cm長さのぶつ切りに、しいたけは石づきを取ってカサに十字の切り込みを入れます。ししとうはヘタを取ります。 鶏肉の脂が苦手な方は、完全に取り除いて下さい

2:フライパンで野菜を焼く

フライパンで野菜を焼く
フライパンにサラダ油を熱し、両面がきつね色になるまで野菜を焼きます。1つまみの塩(分量外)をふり、味付けしたら、フライパンから取り出します。 

3:炒り卵を作る

炒り卵を作る
卵を溶いて、みりんと塩を加え、混ぜます。野菜を焼いたフライパンに、サラダ油(分量外:少々)を熱し、溶き卵を流しいれます。箸を4本ぐらいまとめて、ぐるぐると手早く混ぜながら、炒り卵を作ります。卵に9割程度火が通ったら火を止め、余熱で火を通します。 ふんわり仕上げたいところですが、お弁当なのでしっかりめに火を入れましょう。

4:フライパンで鶏肉を焼く

フライパンで鶏肉を焼く
卵を焼いたフライパンを、軽くクッキングペーパーで拭いてきれいにし、サラダ油を入れて火にかけます。鶏肉の両面に焼き色がつくまで、クッキングペーパーで余分な油を吸い取りながら焼きます。 加熱していくうちに、鶏肉の皮の脂が溶けだしてきます。それをしっかり拭き取ることが、焼鳥風味に焼きあげるコツの1つ。

5:鶏肉に味付けする

鶏肉に味付けする
鶏肉に8割程度火が通って両面に焼き色が十分についたら、みりんと砂糖、醤油を加えて、煮汁がなくなってちょっと焦げがつくまで焼きあげます。 焦げくさくなる手前で取り出すのがポイント。煮汁が煮詰まって沸騰してから焦げ付くまでは早いので、ちょっと注意して。

6:お弁当に詰める

お弁当に詰める
お弁当にご飯を詰め、その半分の面積に炒り卵を敷きます。もう半分に焼いた鶏肉と野菜、紅ショウガを乗せて完成です。

ガイドのワンポイントアドバイス

もうひと手間加える時間があれば、ぜひ魚焼き用グリルを使って下さい。フライパンで焼く加減を9割にして、残り1割をグリルで加熱すれば、ちょうど良い焦げ加減が香ばしい!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。