フライパン1つで簡単気軽に、ジャンバラヤのお弁当

所要時間:30分

カテゴリー:ご飯ジャンバラヤ

 

フライパン1つで簡単気軽に、ジャンバラヤのお弁当

ケイジャン料理の定番、ジャンバラヤ。フライパン1つで、冷蔵庫にある食材で気軽に作れます。メインのチキンと、野菜入りの炊き込みご飯がいっぺんにできて、しかもスパイスが効いているから冷めても味落ちしにくい。お弁当にもおすすめのメニューです。

フライパンでジャンバラヤ弁当の材料(2人分

ジャンバラヤ弁当
鶏肉 (モモ)大2枚
ウインナー 4本
たまねぎ 1/2個
セロリ 1/2本
ピーマン 2個
パプリカ 1個
トマト 1個
マッシュルーム 2個
ニンニク 1かけ
オリーブオイル 大さじ1
2カップ
小さじ1
クミン 小さじ1
スパイス (ケイジャンミックス)大さじ2
白ワイン 大さじ1
400cc
レモン 1/2個
今回はウィンナーを使いましたが、サラミもOK。お米はとがずに使います。市販のケイジャンスパイスが手に入らないときは、オレガノ、チリぺッパー、クミン、ブラックペッパー、タイム、ガーリックパウダー、オニオンパウダーを混ぜ合わせてオリジナルを作るのもおすすめ。

フライパンでジャンバラヤ弁当の作り方・手順

ジャンバラヤ弁当

1:鶏肉に下味をつける

鶏肉に下味をつける
鶏モモ肉は、4つぐらいのぶつ切りにし、ケイジャンミックススパイスの半分の量と塩(分量外:2つまみ)をまぶしてもみこんで下味をつけます。

2:その他の材料を切る

その他の材料を切る
たまねぎ、セロリ、ピーマン、パプリカ、トマトはさいの目に切ります。ニンニクはみじん切りにします。

3:フライパンで鶏肉とウィンナーを焼く

フライパンで鶏肉とウィンナーを焼く
フライパンにオリーブ油を熱し、鶏肉とウィンナーを焼きます。両面がきつね色になるまで焼いたら、一度取り出します。 中心まで火が通らなくても大丈夫です。

4:野菜を炒める

野菜を炒める
同じフライパンで、火を弱めてニンニクとクミンを炒めます。香りが立ってきたら、残りのスパイスと野菜を加えて、炒めます。

5:米を炒め、トマトと水、調味料、肉を加える

米を炒め、トマトと水、調味料、肉を加える
米を加え、米が透き通るまで炒めたら、トマト、水、その他調味料を加えて混ぜます。沸騰したら先ほど取り出した鶏肉とウィンナーをのせて、フタをします。

6:フタをして加熱し、その後火を止めて蒸らす

フタをして加熱し、その後火を止めて蒸らす
沸騰したら弱火にして12分、フタを取らずにそのまま10分蒸らします。炊きあがったら、全体を軽く混ぜます。食べる際には、レモンを添えて。

ガイドのワンポイントアドバイス

フライパンの代わりに、土鍋で作ってもおいしく出来上がります。チキンをしっかり焼いて焼き色をつけると同時に、チキンの脂のうまみを出して、お米に吸ってもらえば一石二鳥。

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。