ドルフィン・板のポーズ
(下を向いた犬のポーズヴァリエーション・イルカのポーズ)

効果:肩、腕、脚、腹筋を強化します。消化改善、、頭痛、不眠症、背中の痛み、疲労を軽減してくれます。脳を沈め、ストレス軽減効果もあります。

注意点:腕、肩を痛めている人は、膝を床に付けた状態で行うようにしましょう。

手順1

手順1

手順1:
四つん這いになり、両肘を肩の真下に置きましょう。


 
手順2

手順2

手順2:
つま先を床につけたまま、片足を後ろに伸ばし、膝裏を伸ばしましょう。
この時、両手の平を強く押し、前腕を床に押します。更に腹筋も意識し、お臍を腰に引き寄せ、肩甲骨に挟まれた背骨を天井に押し上げ、背中を広げましょう。顎はやや引き、目線は斜め下を見て、首の後ろも伸ばしましょう。


 
手順3

手順3

手順3:
もう片方の足も後ろに伸ばし、腰と背中を一直線にし、後頭部からかかとまで一枚の板になったイメージでポーズをキープしましょう。この時、お尻が落ち過ぎないように注意して。お腹が緩んでいる証拠です。その時には、手の平で床を押し、脇の下を上に押し上げるイメージで、背中を天井に押し上げ、お腹、胸を床から離し、ポーズを調整しましょう。この状態で静止し、3回~5回呼吸しましょう。

 


手順4

手順4

手順4:
更につま先を前に歩かせ、お腹でお尻を天井に押し上げるようにし、ドルフィンポーズになりましょう。尾骨を骨盤から遠く離すようにし、腰を長く伸ばしましょう。吐く息でかかとを床の方に近づけましょう。この状態で静止し、3回~5回呼吸しましょう。


 
いかがですか?腕の力の弱い人にとっては、最初かなり辛く感じるかと思います。ポイントは、腕だけで体を支えようと思わず、腹筋も使うように意識してポーズを取って見て下さい。



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。