フォカッチャ生地で作る夏野菜ピザ

フォカッチャ生地で作る夏野菜ピザ

フォカッチャ生地で作る夏野菜ピザ

これは家でパンをつくる人に是非試してもらいたいチーズなしピザです。野菜の旨味が生地にしみこみ、チーズがなくとも十分なボリュームと味わいが堪能できます。
下準備

下準備

フォカッチャ生地にピケして(穴をあけて)オリーヴオイル、トマトソースを塗った生地に炒め玉ねぎを敷きつめ、5mm厚のナスとズッキーニの素揚げを交互に重ね、仕上げに赤パプリカを散らし、塩コショウ、オレガノを振ります。
野菜をのせていく

野菜をのせていく

250度で10分から15分、色鮮やかに焼き上げたら、赤唐辛子をミキサーにかけオリーヴオイルに漬けた「ぺペロンチーノロッソ」をかけて仕上げます。
色鮮やかに焼きあがる

色鮮やかに焼きあがる


エスプレッソラスク

ネモベーカリー&カフェにはコーヒーを飲んでいる以上に香りを楽しめるエスプレッソ食パンというパンがあります。コーヒー豆の粉3%とエスプレッソ10%が入った食パンです。これを8mmスライスにしてアパレイユを塗って焼いたラスクが人気です。
エスプレッソラスク

エスプレッソラスク

アパレイユは家庭向きの量に換算すると無塩バター90gに対し粉糖60g、卵白10g。卵白が入ると仕上がりがパリッとします。約160度の低温で乾かすように焼きあげます。
アパレイユを塗って並べていく

アパレイユを塗って並べていく

ほろ苦く、甘く。大人向きのラスクです。

根本孝幸さん

根本孝幸さん

セミナーではこのほか、キッシュロレーヌと焼き菓子が紹介されました。

ネモベーカリー&カフェの記事はこちらです。

【クラブ・ド・サントノーレ関連記事】
明石克彦さんに学ぶパンの愉しみ
薫々堂のブリオッシュバラエティ
セ・トレボン大西さんのおいしいパンづくり
全部の夢をかなえる方法


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。