パリのスタンダード、というスタイル

VIRON渋谷店は東急本店前

VIRON渋谷店は東急本店前

2003年の創業以来、All Aboutのベストパン人気投票で毎年のようにベスト3以内に入るVIRON(ヴィロン)で一番人気のパンといえば「バゲットレトロドール」(350円)。VIRONはこのバゲットの店、とも言えます。こんなふうにひとつのパンがその店を表し、年をかさねていくというのは素敵なことですね。
バゲットレトロドール

バゲットレトロドール

日本のパンの歴史の一幕に、本格フレンチスタイルのパン屋さんが登場し始めた頃、並んで評されることの多かったのはPAULやメゾンカイザーでしたが、一つの大きな違いがありました。それはVIRONにはフランスにオリジンとなるパン屋さんがないということ。
バゲットは粉をかけたものやねじった形のものも。

バゲットは粉をかけたものやねじった形のものも。

「パリに店があれば、東京では日本仕様のパンを作ってもいいかもしれない。でもVIRONはここにしかありませんから、パリのスタンダードをやりたいと思っています。パリにあるブーランジュリーの最大公約数的な品揃えでやっていきたい。その気持ちはずっと変わりません」と言うのはVIRONを経営する株式会社ル・スティルの西川隆博さん。パリ郊外の製粉会社ヴィロンの銘柄粉「レトロドール」を独占的に輸入し、そのバゲットを最高においしく食べてもらうために、ブラッスリーも合わせてつくってしまった人です。
売場奥でパンを焼いている

売場奥でパンを焼いている

パリのスタンダード。だからわたしたちはここで、束の間、パリへのショートトリップを愉しめるのかもしれません。
そんなVIRONの愉しみ方をあらためて、ご紹介します。
ヴィエノワズリ各種

ヴィエノワズリ各種