白身魚のキウイ・ラヴィゴットソース

所要時間:20分

カテゴリー:その他ソース

 

刻んで混ぜるだけの簡単キウイ・ラヴィゴットソース!

ゴールドキウイとグリーンキウイ、香味野菜を刻んで混ぜるだけの、簡単キウイ・ラヴィゴットソースです。甘味の強いゴールドキウイと、爽やかな酸味のあるグリーンキウイがソースにすっきりとした、華やかな味わいをもたらしてくれます。このソースがあれば、いつもの白身魚のムニエルやチキンソテー、ポークソテーなども手軽にワンランクアップがはかれます。また、魚介と混ぜれば、シーフードマリネも簡単に。チリなどの辛味を加えれば、サルサ風のディップとしても楽しめますよ!

実はみかんやバナナよりビタミンCが豊富なキウイ※。水溶性のビタミンCは生食で、習慣的に食べることで、私達は効率よく摂取できます。女性に嬉しい食物繊維も多く含んでいるので、美肌作りには欠かせない食材と言えますね! 魚や肉と合わせれば、消化吸収も助けてくれるので、デザートのみならず、ソースやサラダで食べるのもおすすめですよ。

※参考文献:五訂増補日本食品成分表:文部科学省

キウイ・ラヴィゴットソースの材料(2~4人分

白身魚のキウイ・ラヴィゴットソースの材料
キウイ 2個(ゴールド、グリーン1個ずつ)
たまねぎ 1/4個
セロリ 1/4本
トマト 1個
大さじ1/2~ ※レモン汁でも
オリーブオイル 大さじ1と1/2~+大さじ1/2
小さじ1/2~+適量
白身魚 2~4切れ ※人数に合わせて
小麦粉 大さじ1~2
こしょう 適量
酢や塩などの調味料の量は味を見ながら、各自調整してください。ケイパーなどを加えても美味しいですよ!

キウイ・ラヴィゴットソースの作り方・手順

白身魚のキウイ・ラヴィゴットソースの作り方

1:

ゴールドキウイ、グリーンキウイ、セロリ、玉ねぎ、トマトを5、6ミリの粗みじん切りにします。
玉ねぎは少々塩をふっておき、辛味を水で流し、よく水気を切ります。

2:

ゴールドキウイ、グリーンキウイ、セロリ、玉ねぎ、トマトを軽く混ぜ、塩(小さじ1/2)、酢、オリーブオイルで和えます。
酢(レモン汁でも)の量はお好みで。塩の量も味を見ながらどうぞ。お好みではちみつなどの甘味を加えても。

3:

白身魚に塩、こしょうを少々ふり、茶こしを使い、小麦粉を全面にふりかけます。

4:

フライパンにオリーブオイル大さじ1/2をいれ、皮目から全体を、中火で焼いていきます。
皿にソースを盛りつけ、焼いた白身魚をのせます。

ガイドのワンポイントアドバイス

酸味の量はお好みでどうぞ。もし甘味が欲しいと感じたら、はちみつを少々加えても。また、チリなどの辛味を加えれば、サルサ風にも味わえます。ソースにディップに楽しめるので、おもてなしでは大活躍ですよ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。