シンプルを極める!菜の花のおひたし

所要時間:20分

カテゴリー:サブのおかずおひたし

 

咲き始める寸前が美味!菜の花のおひたしレシピ

寒さが和らぎ、春が近づいてくると菜の花の季節です! 菜の花は花が咲き始める寸前のつぼみを食べる花野菜のひとつで、春の代表的な味覚です。

新鮮な菜の花は、鮮やかな緑色、独特のほろ苦さ、ふんわりとしたやわらかさがあり、その味わいを存分に引き出すにはおひたしがおすすめです。ゆでるだけというシンプルな調理法ですが、丁寧な下準備を経て、ゆでて冷ました菜の花は、いつも以上においしく感じるはずです。手作りのだし醤油とたっぷりの削り節をかけて、食べてみてください。

▼おすすめのレシピ
菜の花と桜えびの春色パスタ
ほうれん草の下ごしらえ・洗い方


菜の花のおひたしの材料(2人分

菜の花のおひたし
菜の花 1束(150g)
小さじ1
鰹節 5g
だし醤油
だし 50ml
薄口醤油 大さじ1
みりん 小さじ1
だし醤油は作りやすい分量なので、多めに作っています。

菜の花のおひたしの作り方・手順

菜の花のおひたしを作る

1:菜の花の準備

菜の花の準備
水をたっぷり張ったボウルを用意し、菜の花の根元を浸して5~10分おいておきます。こうすると葉がシャキッとしてみずみずしくなります。

葉をよく洗って汚れを落とします。

2:だし醤油を作る

だし醤油を作る
小鍋にだし汁、薄口醤油、みりんを入れ、弱火にかけて沸騰させます。

容器にうつして、冷まします。

3:菜の花をゆでる

菜の花をゆでる
大きめの鍋に湯を沸かし、塩を加えて沸騰したら、菜の花を根元からお湯に入れます。一呼吸おいて、葉全体も鍋に入れて1分ゆで、かためにゆでます。
火の通りにくい固い茎からゆでます。

4:菜の花を冷ます

菜の花を冷ます
ゆであがった菜の花をざるにあけたら、大きめのざるに菜の花を広げて冷まします。

手で触れるくらいに冷めたら、水気をしぼります。このとき絞りすぎると繊維が壊れてしまうので指の跡がつかないくらいの力加減でしぼります。
冷水で冷ますと色味が悪くなって、水っぽくなるので自然に冷ましています。

5:菜の花を切る

菜の花を切る
しぼった菜の花をまっすぐに伸ばしてまな板に置き、根元を切り落としたら3cm幅に切ります。

器に盛り付けて、だし醤油を回しかけ、たっぷりの削り節をかけてできあがりです。


ガイドのワンポイントアドバイス

ゆで汁は野菜の量の5倍は用意しましょう。ゆで汁が少ないと、菜の花を入れたときにゆで汁の温度が下がり、ゆであがりが悪くなってしまいます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。