私にとっての買い時っていつ?タイミングとは言いますが、どのタイミングなのでしょう。

私にとっての、マンションの買い時っていつ?どのタイミングなのでしょう。

自分にとって今が買い時かどうかは、個人的、社会的な2つのタイミングの掛け合わせで見極める必要があります。

私にとっての買い時=個人的タイミング×社会的タイミング

また、2つのタイミングのうち、より重要なのは個人的タイミングです。マンションを買うあなた自身が購入適齢期に達していなければ、たとえ社会的タイミングが買い時であっても、背伸びしてマンション購入を実行するべきではありません。

そこで、まず、あなたの個人的タイミングが買い時かどうかを計るモノサシについて見ていきましょう。あなたの個人的な買い時タイミング、つまり購入適齢期に達しているかどうかを計るモノサシは、4つあります。

 

モノサシ1
年収500万円に達したか?

年収400万円足らずでは、マンション購入には少しバーが高いということになります。住宅ローンを安定的に返済していくためには、500万円がひとつの目安といえるでしょう。

たとえば、広さ40平米前後、間取り1LDKくらい、都心からの乗車時間20分程度の立地のマンションを買うとします。現在販売中のマンションの中から、上記の条件で探してみると、下記の物件がありました。
  • 沿線・駅:半蔵門線清澄白河駅徒歩6分
  • 価格:3,020万円
  • 間取り・広さ:1LDK/40.1 平米
このマンションを、住宅ローン・フラット35を利用して35年返済で3,000万円を借り入れ、20万円を自己資金で買うと、毎月返済額は11.2万円となります。この返済金額と毎月支払う管理費・修繕積立金約1.5万円の合計額が、月々の収入に占める割合を30%程度におさえるとしたら、月収42.3万円、年収にすると約500万円は必要ということになります。30パーセントという住居費比率は、経済的に無理なく暮らすうえでのひとつの目安です。

ちなみに、正規雇用のサラリーマン35歳前後の平均年収は、ほぼ500万円です。35歳、年収500万円以上という方が、一般的には購入適齢期といえるでしょう。

続く、モノサシ2「貯金が300万円程度たまっているか?」、モノサシ3「リストラに負けないスキル・経験があるか?」については、こちらの記事で。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。