火を使わない!簡単ライスサラダ

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

火を使わず、ストック食材でできる簡単レシピ!

火を使わない、ストック食材でできる簡単レシピ。冷ご飯に缶詰、手持ちの食材ですぐできるライスサラダです。これで光熱や食材も美味しくセーブできます。

今回は冷ご飯にツナ缶、コーン缶、キュウリ、トマトを加えていますが、お手持ちの缶詰や野菜、漬物、瓶詰などそのまま食べられるものなら何でも使えます。また、酢とはちみつで味つけをしていますが、すし酢やドレッシングなどでも美味しくできますよ。

どうしても火を使わない料理はやや物足りなさを感じてしまうかもしれません。が、ツナ缶などのオイル分が入ることで満足度も上がります。いつもはしっかりしてしまう油切りも少し残して旨味調味料として使ってみてはいかがでしょう。

ライスサラダの材料(2~4人分

ライスサラダの材料
ご飯 1膳分(約140g)
ツナの缶詰 1/2缶(約40g)
コーン水煮缶 大さじ5(約50g)
きゅうり 1/2本 ※手持ちの野菜や食材でOK
トマト 1個(中) ※手持ちの野菜や食材でOK
大さじ1
はちみつ 大さじ1/2
野菜は生食可能のもの、茹でたものであれば、何でも大丈夫です。お手持ちのものでどうぞ。また、漬物や瓶詰などそのまま食べられるものなら便利に使えます。

ライスサラダの作り方・手順

ライスサラダの作り方

1:

冷ご飯、ツナ缶、コーン缶を用意します。キュウリ、トマトは角切りにします。
あたたかいごはんを使う場合はさっと水で洗うか(で、水切り)、冷ましてから使ってください。ツナ缶はオイルを切りすぎないで、旨味調味料として使ってみるのもおすすめです。

2:

酢とはちみつを合わせ、ごはんに加え、さっくり混ぜます。
すし酢やドレッシングでも代用可能です。

3:

ツナ缶、コーン缶、キュウリ、トマトを加え、優しくなじむよう混ぜたら、出来上がりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

チーズやハムを加えて、これ一品でOKなバランスとしても。また、仕上げに黒胡椒などのスパイスをふりかければ、風味よくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。