都営三田線 北西は西高島平まで
西は目黒から東急目黒線で日吉まで乗り入れ

都営三田線

板橋区から都心を通り、東急目黒線に乗り入れ、日吉までをつないでいる都営三田線

目黒(目黒区~品川区~港区))から内幸町、日比谷、大手町などの都心部を通り、西高島平(板橋区)に至る都営三田線はひとつの沿線ながら、目黒~春日(文京区)までと白山(文京区)~西高島平(板橋区)までの表情が非常に異なります。目黒から春日まではオフィス街も多く、都心回帰が言われた時代でも住宅はかなり高額だったエリアが中心。白金、白金台(以上2駅港区)にはハイグレードな住宅も多く、特に女性には憧れの地のひとつでもあります。


志村三丁目

志村三丁目駅周辺。スーパーや家電量販店などはあるものの、夜遅くの外食などにはあまり向いている街ではない

その一方で白山以遠にはお年寄りの原宿で知られる巣鴨のように庶民的な雰囲気の街が多く、住宅価格も比較的手頃。都心直通の地下鉄路線で一般のビジネスマンにも手が届く価格の物件が豊富なのです。特にここ何年かでファミリー、カップル向きの新築分譲マンションが増加したのは志村坂上、志村三丁目(以上2駅板橋区)あたり。駅周辺は残念ながら、さほど繁華とはいえませんが、生活に必要なスーパーその他は揃っています。住宅増に従い、今後に期待したいところです。


武蔵小杉

駅周辺のタワーのイメージが強い武蔵小杉だが、古い街でもあり、桜の名所も

都営三田線の西側に乗り入れているのは東急目黒線。田園調布(大田区~世田谷区)で東急東横線と合流し、終着は日吉(横浜市港北区)。日吉からは港北ニュータウンへ向かう横浜市営地下鉄が利用できます。目黒線沿線には目黒駅、五反田駅(品川区)からも歩ける不動前、全長800mのアーケードを持つ商店街で有名な武蔵小山(品川区)、東急大井線と交差する学生街大岡山(目黒区~品川区)、お屋敷で有名な田園調布(大田区~世田谷区)、再開発でタワーマンションラッシュが続く武蔵小杉、活気ある商店街のある元住吉(以上2駅川崎市中原区)、慶応大学のキャンパスのある日吉と、全国的にも有名な街が揃い、価格、賃料ともに高め。住宅では大岡山までが賃貸を含めたシングル、カップル向き、武蔵小杉以遠はカップル、ファミリー向きというところでしょうか。生活の利便性なら品川区内の商店街近くがお勧めです。


次のページでは東京メトロ千代田線とそこに乗り入れている常磐線、小田急線を取り上げます。