最後に公表された、2004年の国税庁の高額納税者ランキング(よく長者番付などと呼ばれていましたね)によると、全国で1,000万円以上の所得税を納めた人は7万3,959人。そのうち、東京23区に住んでいる人は1万7,656人といいますから、お金持ちの24%は東京に住んでいるというわけです。この記事ではまず、過去の長者番付からまとめたお金持ちが住んでいる街をガイド、最後に土地・住宅調査から見たお金持ちが住んでいる自治体最新情報をご紹介しています。

お金持ちが多く住んでいる区ベスト10
田園調布の大田区はベスト3に入らず

表参道駅
全国的に知られた住んでみたい街が多い港区は堂々トップ
では、23区の中でお金持ちが一番多い区はどこか。98年から2004年のデータ類を参考に数を読んでみました。そこで区ごとにランキングを付けると、ダントツの1位は港区。お金持ちが多い街としては、南麻布、南青山、六本木、赤坂、高輪、元麻布、西麻布、白金台など。麻布周辺には広壮な一戸建てに住むお金持ちが多いようです。

世田谷区代沢
全国的にはさほど有名ではないが、お屋敷と呼ぶにふさわしい日本家屋が点在する世田谷区代沢周辺
続いて2位は世田谷区。成城学園をトップに深沢、等々力、奥沢、代田などが区内のブランドエリア。一般的に住宅は駅に近いことが良しとされますが、世田谷のにはそれが当てはまらない場所があり、その一部がこうしたエリア。歩いて駅に行くことがない、通勤は黒塗りの車という方々がお住まいになっていらっしゃるのです。

広尾ガーデンヒルズ
お金持ち居住度が高いと想定される広尾ガーデンヒルズ。いまだに人気は衰えない
第3位は広尾、神宮前、松涛を擁する渋谷区。マンション、一戸建てともに存在する地域で、最近でも高額マンションの建設が相次いでおり、価格は最低で1億円以上。基本的に頭金がどうの、借入額がどうのと言っている庶民には縁のない世界です。

田園調布駅
田園調布を初め、お屋敷街はあるものの、庶民的な街も多い大田区
ここまで読んで、田園調布はどうした!と思われる方がいらっしゃるでしょう。田園調布のある大田区は、田園調布自体は確かに高額納税者が多い街なのですが、それ以外のブランドエリアは久が原、山王など限られた状況。そこで全体としてみると、落ちてしまい、自治体ランキングでは4位ということに。

番町周辺
坂の多い番町周辺では坂の上にお屋敷が点在、坂の下は商店街になっている
また、番町を擁する千代田区も状況は同じ。全体の住民の数が少ないため、数で見ると不利なのです。が、お金持ち比率で考えると、番町あたりは高いことになるはずです。自治体で見ると、ここが5位というところでしょうか。

碑文谷の並木
低層マンションが並ぶ目黒区碑文谷。お金持ちは桜のきれいな街に住む?
6位は目黒区で八雲、柿の木坂、碑文谷、青葉台などがブランドエリア。意外に駅から遠い地域が中心です。続いて7位は池田山、島津山、御殿山など、いわゆる城南五山を擁する品川区。町名では東五反田、北品川、上大崎など。このあたりは外国人お金持ちも多く、本物のメイドさんの姿を見かけることもあります。

浜田山の住宅街
幹線道路から少し離れた地域に一戸建て、低層高額マンションが並ぶ杉並区浜田山周辺
8位は杉並区で、ブランドエリアといえば浜田山、永福、南荻窪、善福寺周辺など。浜田山は駅近くの神田川沿いから土地の高さに合わせて住宅が大きくなっていくのが如実。ここも駅から少し離れたところに、かつての億ションが人知れず存在しています。

文京区の住宅街
教育熱心なファミリーには絶大な人気を誇る文京区には和風のお屋敷が多い
9位は文京区。本駒込、小石川などが区を代表するお屋敷街。和風の住宅が多く、しっとりとした雰囲気が特徴で、坂が多く、当然、坂の上が大きな住宅です。椿山荘のある関口、目白台の周辺も風情のある住宅地です。

新宿
新宿の良さはざっくばらん、雑多な雰囲気だが……
10位は新宿。都心ではありますが、雑踏の雰囲気があまりお金持ちに好まれないのか、高額物件があるのは、神楽坂の西側、市谷砂土原町、若宮町といったあたりだけ。神楽坂も十分ブランド住宅地になりそうな場所ですが、土地がないのが大きな難点で、今後とも期待薄なのが残念なところです。

では、次ページでは街単位でお金持ち居住度を見ていきましょう。